サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

モーニング35周年記念フェア連動 講談社コミック全商品対象ポイント最大50倍(~9/28)

電子書籍

大山康晴名局集 みんなのレビュー

  • 大山康晴
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

大山康晴名局集

紙の本大山康晴名局集

2012/08/26 21:53

とんでもないボリューム

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ココちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

大山康晴十五世名人の名局集がついに登場しました!
「大山康晴全集」という歴史的にも貴重な本が出ていますが、現在絶版で非常に高価であり、
ちょっと手が出しづらいものになっています。
名局集である本書は局数では敵わないものの、自戦記100局+棋譜解説82局という圧倒的なボリュームです。
全512ページで2800円というのはかなり親切で、手に取りやすいです。
将棋界・将棋メディアとして、ぜひ大名人の将棋にふれてもらいたいという気持ちを感じました。

第1部は自戦記ベスト100です。
と言っても、大山十五世名人は1992年に亡くなられているので、
新規の書き起こしは当然ながらありません。
「大山康晴全集」や専門誌「将棋世界」「近代将棋」に掲載された自戦記が載せられています。
なお、出典や時期は記載されています。
自戦記は時系列に並んでいますが、自戦記を書かれた時期は対局後すぐだったり10年後だったりもするので、
熱くなった将棋の後に「今ではこんなに熱くなることもない」みたいな感想があったりで(笑)、
気持ちの入り方や文体に統一感がないのですが、これはこれで逆に楽しめるものになっています。

この自戦記ですがなんと4ページに1局掲載されています。
と言っても内容が薄いわけでは決してなく、文字がぎっしりと詰め込まれています。
1ページに約20文字で約30行×3段=1800字、実際には棋譜や図が入るのでそこまで文字数はありませんが、
最近発売されている名局集の自戦記の3倍ほどの文字数です。
特に前半の自戦記は文章量が多く図が少なめなので、棋譜を並べるのに盤駒が必須でしょう。
(前半には図が2つしかない自戦記もあり、後半は図が7~8つの自戦記がほとんどです。)
手の解説だけでなくタイトル戦の状況や対局時の心境、対局相手への思いもたっぷりと書かれています。

第2部は名人戦順位戦解説編で82局、いつもの棋譜解説形式です。
こちらも図が少なめなので、やはり盤駒が必須でしょう。

戦型は大山十五世名人の振り飛車が中心ですが、意外と対振り飛車も多く相居飛車もあります。
当時の横歩取り観などはとても面白いですね。

とにかく最高峰の内容でコストパフォーマンスも良し、文句なしのお勧めです。
正直ここまでの出来は予想していなかったので、
これから発売される名局集のハードルが上がってしまいましたが(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示