サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

電子書籍

それゆけ、ジーヴス みんなのレビュー

  • P.G.ウッドハウス (著), 森村たまき (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

それゆけ、ジーヴス

紙の本それゆけ、ジーヴス

2005/11/29 09:56

ジーヴスの活躍が十通りも読める短編集。でも最後の短篇を読むと、しょーじきバーティが可哀相。

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 国書刊行会〈ウッドハウス・コレクション〉第三回配本にて最終回配本。のはずだったのだけれど、好評につき続刊決定だとか。『ウースター家の掟』と『でかした、ジーヴス!』が出るそうです!。
 同じジーヴスものとは言っても、これまでの三冊+文藝春秋版『ジーヴズの事件簿』を読んだ限りでは、短篇と長篇では少し様子が違うようです。短篇ではジーヴスが快刀乱麻の切れ味を遺憾なく発揮し、長篇ではバーティが古今無双のまぬけっぷりを存分に発揮します。というのも、ジーヴスは名探偵であるからして、ジーヴスが活躍すれば問題は即解決、物語もおしまい、と相成る次第。長篇を持たすためには、ジーヴスには少々ひっこんでいただき、バーティやお友達に大活躍してもらわなければならないわけです。
 さて本書は純粋な短篇集。十の短篇が収められております。バーティも好きだけどジーヴスの方がもっと好き!という方には何よりもおすすめでしょう。
 とりわけ第十話「バーティー考えを改める」はジーヴスによる一人称。この話のジーヴスは賢いというよりも、まさしく悪魔的な頭脳の持ち主。そんな脳みその楽屋裏をかいま見ることができました。
 もちろんジーヴスの活躍する短篇だからといって、バーティたちがおとなしくしているわけではなく(おとなしくしていたら事件自体が起きませんし)、ビンゴ、サー・ロデリック・グロソップ、アガサ伯母さん、ダリア叔母さんといったお馴染みの面々をはじめとした騒ぎの種が思う存分やらかしてくれます。
 とある短篇でジーヴスの助けを借りずに自分のアイデアを実行に移したバーティは、見ず知らずの子どもを引き受ける羽目になってしまいます。
 これはそんなバーティが子どもの両親を探す一幕。
 僕は誓って言うが、子供を連れて辺りをさまよいはじめるまで、息子を両親の許に返してやるということがこれほど困難な仕事だとは思ってもみなかった。誘拐犯がどうして捕まるものか、僕には謎である。(中略)この子供に対する関心の欠如からして、こいつは自分だけのコテージに一人きりで暮らしているのではなかろうかと思えてきたくらいだ。
 全編がこんな失敗と事件の繰り返し。こうでなくてはジーヴスも腕のふるい甲斐がないというものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それゆけ、ジーヴス

紙の本それゆけ、ジーヴス

2006/09/04 21:08

これぞノーブレス・オブリージのお手本!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

貴族のお坊っちゃま、バーティ=ウースターと、その仲間達が巻き起こす騒動を、この上なく有能な執事ジーヴスが解決してくれる、偉大なるワンパターンシリーズ『ジーヴスもの』第三弾。
しかし今さらでもないが、バーティの仲間はとんでもない。みんな手に汗して働く事無く、裕福な親戚にたかって暮らしている。他人の金で食べてるくせに、そのパトロンが命令した滞在先の人間を、「イギリス随一のイボ家族」だなどと無礼千万。(『刑の代替はこれを認めない』)金は欲しい。でも精神の自由は欲しいんだもんね〜。庶民から見たら、「何と都合のいい言い分を!そんな両天秤できるか!」と、背中を蹴り倒してやりたくなる。だがそんな感覚を持ち合わせていない彼等には、こっちの怒りも柳に風だ。
但し貴族も少しは賢い。表立って断りを言えば、パトロンを失うのは、身にしみて知っている。
そんな彼等が両天秤を実現させるために訪ねるのは、独身貴族のバーティ。といっても彼自身が目的ではなく、どんな時でも解決策を見つけ出してくれる執事のジーヴスが目当てだ。頭脳はジーヴス、実働プラス費用負担がバーティの役どころ。
バーティばっかり損をしてる?いやいや、バーティだって彼等と同じ、伯父をパトロンに暮らす独身貴族なのだから、同族を救うのは当たり前。『旧友ビッフィーのおかしな事件』では、ジーヴスに「ボヘミアンの陥落にふさわしい、ほどほどに洗練された紳士の衣服を出してくれ」だの「もし誰かが君を訪ねてきたら、僕は静けき黄昏どきの近くに戻ると言っておいてくれ」だの言っている。「静けき黄昏どき」だって。いい気なもんだよ。
気のいいバーティは、どんな依頼も断らない。
『ジーヴスとケチンボ公爵』では、パトロンの伯父にいい所を見せるため、邸宅を提供させられる。伯母さんとものぐさ詩人』では、NYにこよなく憧れる叔母をパトロンに持つ、田舎好きの詩人が難題を持ち込む。バーティはジーヴスをものぐさな詩人の代わりにNYに行かせ、手紙を代筆させる。
さて、問題提起までは物語前半、後半は解決篇になる。だがここですんなり計画通りに解決したら、例えジーヴスが多少の犠牲を払っても、あまりに話が巧過ぎる。そこで何事にも用意周到のジーヴスが果たして意図したのか、しないのか、「うーん、さすが貴族社会のイギリス。これぞノーブリス・オブリージ(Noblesse Oblige=高い身分に伴う倫理上の義務)のお手本!」と納得できる結果になっている(?)。
尚、ジーヴスを雇う経緯が書かれた『ジーヴス登場』や、ジーヴス視点から書かれた『バーティー考えを改める』他収録。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それゆけ、ジーヴス

紙の本それゆけ、ジーヴス

2005/11/29 09:43

ジーヴスの活躍が十通りも読める短編集。でも最後の短篇を読むと、しょーじきバーティが可哀相。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 国書刊行会〈ウッドハウス・コレクション〉第三回配本にて最終回配本。のはずだったのだけれど、好評につき続刊決定だとか。『ウースター家の掟』と『でかした、ジーヴス!』が出るそうです!。

 同じジーヴスものとは言っても、これまでの三冊+文藝春秋版『ジーヴズの事件簿』を読んだ限りでは、短篇と長篇では少し様子が違うようです。短篇ではジーヴスが快刀乱麻の切れ味を遺憾なく発揮し、長篇ではバーティが古今無双のまぬけっぷりを存分に発揮します。というのも、ジーヴスは名探偵であるからして、ジーヴスが活躍すれば問題は即解決、物語もおしまい、と相成る次第。長篇を持たすためには、ジーヴスには少々ひっこんでいただき、バーティやお友達に大活躍してもらわなければならないわけです。
 さて本書は純粋な短篇集。十の短篇が収められております。バーティも好きだけどジーヴスの方がもっと好き!という方には何よりもおすすめでしょう。
 とりわけ第十話「バーティー考えを改める」はジーヴスによる一人称。この話のジーヴスは賢いというよりも、まさしく悪魔的な頭脳の持ち主。そんな脳みその楽屋裏をかいま見ることができました。
 もちろんジーヴスの活躍する短篇だからといって、バーティたちがおとなしくしているわけではなく(おとなしくしていたら事件自体が起きませんし)、ビンゴ、サー・ロデリック・グロソップ、アガサ伯母さん、ダリア叔母さんといったお馴染みの面々をはじめとした騒ぎの種が思う存分やらかしてくれます。
とある短篇でジーヴスの助けを借りずに自分のアイデアを実行に移したバーティは、見ず知らずの子どもを引き受ける羽目になってしまいます。
 これはそんなバーティが子どもの両親を探す一幕。
 僕は誓って言うが、子供を連れて辺りをさまよいはじめるまで、息子を両親の許に返してやるということがこれほど困難な仕事だとは思ってもみなかった。誘拐犯がどうして捕まるものか、僕には謎である。(中略)この子供に対する関心の欠如からして、こいつは自分だけのコテージに一人きりで暮らしているのではなかろうかと思えてきたくらいだ。
 全編がこんな失敗と事件の繰り返し。こうでなくてはジーヴスも腕のふるい甲斐がないというものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示