サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

電子書籍

GP Car Story Special Edition 1993 F1 みんなのレビュー

  • GP Car Story編集部
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

プロストVSセナVSシューマッハー 進化の極みと王者の系譜−F1世界選手権「1993」

懐かしい1冊

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:疾風のエディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

1993年ってある意味F1の絶頂期だったと思います。「プロスト・セナ」という円熟期を迎えたベテランドライバーに、シューマッハやハッキネン、ヒルといった次世代のドライバーが積極果敢にアタックしていった。
電子デバイスは確かにF1の面白さをスポイルしてしまったところはあるけれど、「人車一体」となったレース展開は非常に面白かった。
非力なエンジンではあるがバランスが良くなったマクラーレン、電子デバイスの完成度のルノー、新機軸をふんだんに盛り込んでアタックするベネトン。メーカも必死だった。今となっては「古き良きF1」の魅力を伝えてくれる貴重な1冊。いまのF1好きの人にもぜひ読んでもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

プロストVSセナVSシューマッハー 進化の極みと王者の系譜−F1世界選手権「1993」

もっともF1がおもしろかった時代!?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

前年に続く最強マシンのウイリアムズ・プロストに挑む、ホンダエンジンを失ったマクラーレン・セナ。そこへ割り込むのが、前年見事に初優勝を飾った新星シューマッハ!
なんという贅沢な時代だったのだろうか?

プロストの相棒デーモン・ヒルに対して、セナの相棒はミカ・ハッキネン。
他チームにはロータスのジョニー・ハーバート、フェラーリのジャン・アレジ、
リジェのマーティン・ブランドルなど味のあるドライバーも多数。

亜久里、右京、バリチェロも走ってた!

この時代を知る者にはたまらない一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示