サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

コミックセット30%OFFクーポン 帯バナー&メール用看板作成(~9/24)

電子書籍

ときめく化石図鑑 みんなのレビュー

  • 土屋 香, 土屋 健
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

ときめく化石図鑑

紙の本ときめく化石図鑑

2016/05/04 19:41

可愛くて分かりやすい化石の本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えぬ - この投稿者のレビュー一覧を見る

化石についてかんたんに知りたい、けど専門書みたいな無骨な本を買うのも嫌だなぁと思っていたところに見つけた本。にわか女子にも親切な感じ。中身はコンパクトながら、最低限の知識が詰まっていて、どこで化石を取るか買うか、どう買うかまで書かれている。化石にまつわる逸話で始まり、説明用のイラストだけではなく、挿絵もあって持ってて嬉しい本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ときめく化石図鑑

紙の本ときめく化石図鑑

2016/06/26 21:58

カラー写真が美しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

ページをめくると、動物、植物、昆虫、恐竜、また糞の化石までカラー写真で掲載されている。化石は過去と今とを繋いでくれていると思わされる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ときめく化石図鑑

紙の本ときめく化石図鑑

2016/11/30 02:32

初心者向けながら熱量が濃い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

恐竜、好きです。 古生代の生き物、<生きた化石>と呼ばれる生き物も好きです。 でも私は化石の見方がよくわからない・・・あまり化石にはときめくことができないタイプ?
押しつぶされた平面のものから、立体の生き物が想像できないからかもしれない(空間認識能力に問題が?!)。 全体化石なら楽しのだけれど。
「化石からかつての彼らの生きている様子を夢見る」ことができないのよね・・・。 なので復元図や立体模型のほうが個人的には好きです。
しかしそんな私でも、この本は楽しめた!
化石の写真(ときには部分)だけでなく、復元図もしっかり添えてあるからわかりやすいのです。

ただ<図鑑>というわりに、あいうえお順でも年代順でもなかったりするし、「これを載せといてあれがないってのはちょっと」という不満もなくはないけれど、あくまで初心者向けの入り口、そして筆者の愛情優先みたいなつくりが逆に潔いというか。 ページ数も限られてますし。 やはりマニアックになりすぎずに「好きな人の熱量」が伝わるのがこの場合大事かと。
中でも私のお気に入りはグリフィアというジュラ紀の牡蠣の化石!
貝類は全体化石として残ることが多いからわかりやすい、ということもありますが、なんともいえないカーブが優美で素敵!
やはり図鑑は薄くても全頁カラーであってほしいものです。

あと、ミネラルショーについての記述もあり・・・「おぉ、『七つ屋志のぶの宝石匣』とシンクロしてる!」と個人的に勝手に盛り上がる。
でももし私がミネラルショーに行ったら、化石ではなくて原石の方に行っちゃいそう。
そう、石そのものの魅力ならわかる。 琥珀の中に閉じ込められてしまった何か、とか、長年の堆積によって石になってしまったものとか。 ということは・・・私は化石よりは鉱物のほうにときめくタイプかも。
検索したら<ときめく図鑑>はシリーズになっており、『ときめく鉱物図鑑』も勿論あった。 次はこれだ。

が、他にも『ときめくカエル図鑑』・『ときめくきのこ図鑑』・『ときめく小鳥図鑑』・『ときめくインコ図鑑』(小鳥とインコは別扱いなのね)・『ときめく微生物図鑑』などなどいろいろあることが判明。 現在も順次新しいものが刊行中のようです。
これは今後も要チェックだ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示