サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

9月度:コミック ポイント最大50倍(0901-30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 文庫
  4. 単独行者
  5. ユーザーレビュー一覧

電子書籍

単独行者 みんなのレビュー

  • 谷 甲州
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

単独行者 新・加藤文太郎伝 下

紙の本単独行者 新・加藤文太郎伝 下

2015/10/31 22:03

これを読まずに加藤文太郎は語れない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:十楽水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「孤高の人」の宮村健のモデルとされる吉田登美久。新田次郎が故意におとしめたであろう吉田について、谷甲州はより史実に近い形で描いたと思われます。その結果ではないですが、より等身大に近い加藤の姿を読者は知ることができたのではないでしょうか。
 過度な脚色などなくても、加藤文太郎は充分に魅力的な小説の題材です。谷甲州はそれを証明しました。登山を大切に思う気持ち、山の先人への尊敬の気持ちがあるからこそ、実在の人物達に公平に向き合うことができたのではないかと思います。
「孤高の人」しか知らないという人、ぜひ手に取ってください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

単独行者 新・加藤文太郎伝 上

紙の本単独行者 新・加藤文太郎伝 上

2015/10/31 20:48

「信念を持てないでいると、弱みがあるものと勘ぐられる」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:十楽水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

つい先日、二度目の読了。印象に残っているのは上巻末に登場する吉田長右衛門のこのセリフです。昭和6年、厳冬期北アルプス横断に挑まんとする加藤。単独行というスタイルが傍目にどう映るのか、そんな疑問をふと口にした加藤に、吉田は率直に告げます。加藤自身の著「単独行」に長右衛門(的な人物)がいるのか覚えていませんが、もう一人の吉田が、加藤の山に対する覚悟に少なからぬ影響を与えているように読めました。
 前年の立山・剱から昭和6年の画期的な大縦走が上巻のクライマックスです。手元に山の地図があると、いっそう楽しめると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

単独行者 新・加藤文太郎伝 上

紙の本単独行者 新・加藤文太郎伝 上

2015/10/18 17:45

より史実に忠実に書かれた加藤文太郎伝

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山男takaちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

新田次郎による「孤高の人」を読んだのはいつだったのか、かなり昔のことであり定かではないが、その当時から同行者の吉田登美久が未熟な登山者としてそれが原因で文太郎を死に追いやったという点については批判があるということは承知していた。本著はより史実に忠実に書かれた文太郎伝であり、この点についての長年の疑問を解消してくれたように思う。特に上巻では、案内人を雇うのが常識だった時代における立山・剣岳での当時のエリート登山家の東京帝大出身者である学士登山家たちと勤労者登山家である文太郎とのやり取りが、文太郎の心理描写を交えて詳しく描かれており、「孤高の人」よりも読みごたえを感じた。文太郎に興味がある者ならば読むべき必読の書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

単独行者 新・加藤文太郎伝 下

紙の本単独行者 新・加藤文太郎伝 下

2015/10/18 17:42

より史実に忠実に書かれた加藤文太郎伝

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山男takaちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

新田次郎による「孤高の人」を読んだのはいつだったのか、かなり昔のことであり定かではないが、その当時から同行者の吉田登美久が未熟な登山者としてそれが原因で文太郎を死に追いやったという点については批判があるということは承知していた。本著はより史実に忠実に書かれた文太郎伝であり、この点についての長年の疑問を解消してくれたように思う。特に下巻の文太郎たちが遭難する件では、自身も登山者である筆者でなければ書けないであろうというリアリティーがあり、読む者を思わず引き込む迫力があると感じた。文太郎に興味がある者ならば揉むべき必読の書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示