サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

生きるための選択 ―少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った みんなのレビュー

  • パク・ヨンミ(著), 満園 真木(訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

生きるための選択 少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った

衝撃的ですが実に興味深い内容です

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:としちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

北朝鮮北部の町、恵山出身の少女パクヨンミさんの脱北から韓国定住に至るまでの苦難が描かれたノンフィクション自伝。脱北に至った経緯やその過程での様々な苦難、そして彼女が過ごしていたころの北朝鮮の内部事情が細かく書かれていた。金一族をはじめとする一部の狂った指導者たちによる圧制や洗脳、監視社会、食糧難による飢餓、将来への絶望等数えきれないぐらいの苦難に耐えれずに母親とともに脱北。潜伏先での中国でも、いつ中国の公安当局に逮捕され強制送還されるかもしれないという恐怖、人身売買に巻き込まれるという屈辱、父親との死別、中国からモンゴルへの極寒の中の逃避行、韓国内での差別、民主主義社会への戸惑い、等数多くの困難を乗り越えながらも懸命に生きる姿に感銘を受けた。脱北を果たし韓国で暮す著者はまだ幸せな方で、現在も多くの北朝鮮に暮らす人々が飢餓や圧制に苦しんでいる。韓国に着いたこところは小学生低学年レベルの学力だったが、懸命の努力で猛勉強し大学へ進学し英語も習得し現在は世界を飛び回り北朝鮮の人権侵害を訴える活動を精力的に行っている。そのためか北朝鮮当局から脅しを受けているが、それにも屈せず自分の信念を貫き北朝鮮の惨状を世界に訴えかける彼女の勇気と行動力には賞賛に値する。また元々読書好きでもある著者は、韓国での生活を始めてからあらゆる分野の本を読み漁り僅か18か月で12年分の教育を頭に詰め込んだというのだ。驚きである。読書は知識や考えが深まり、視野が広まるだけでなく、生きることの意味や人間であることの意味をもたらしてくれると著者は話していた。まさにその通りだと思う。読書が著者にとって間らしさを取り戻すきっかけとなり、現在著者が行っている活動に大きな影響を与えているに違いない。脱北者という大きなハンデをも乗り越える彼女を見て自分のやりたいことに懸命に努力すればだれでも目標を達成することができるということを本書を通じて改めて学んだ気がする。彼女の懸命に生きる姿は間違いなく私を含め多くの人々に勇気を与えた。陰ながらなパクヨンミさんの活躍を応援したい。それと同時に、北朝鮮に限らず世界中に現在も飢餓や圧制などに苦し人々が少しでも多く幸せな生活が送れることを願わずにはいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示