サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:10%OFFクーポン(0424-26)

修正:10%OFFクーポン(0424-26)

電子書籍

この世のメドレー みんなのレビュー

  • 町田康 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

この世のメドレー

紙の本この世のメドレー

2016/04/23 01:37

「メドレー」っていうか「ジャム・セッション」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あられ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本棚の整理をしていたら出てきたので、おっ、懐かしいじゃないか、と思い、3年ぶりくらいで再読しようとしてみたが、完全に再読することは少し無理で、ところどころ、シェフのきまぐれサラダ並みに気の向くままにかじり読み散らし、はたと気づいたのだが、これは「おいしいところ取りでつなげたメドレーを聞かせてくれるミュージシャンとサシで向かい合ってる」っていうか、「グレイトフル・デッドが延々とジャムってるCDを早送りしながら聞いてる」感覚。嫌な気持ちにはならない。だが、取り立ててよい気持ちにもならない。最初に読んだときに爆笑した箇所を、「くすり」という擬音を立てて、ページを繰る。そんな体験をして、また本棚に戻す。

全部をまた読み直すことはもう二度とないかもしれない。でも本棚に残しておくことにした。こんなに魅力のない登場人物はめったにいない、と思わせてくれる「余」と「袂君」だが、彼らの言葉は、ところどころ、めっぽうおもしろい。久しぶりに聞き返してみたら「お、このリフ、いいじゃん」って思って、手放さずにいたCDと同じ。読んでいる間にグルーヴ感が高まってきて、最後、はじけて終わるのが、初読のときは爽快だったなあ、なんて。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示