サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

 【ポイント】経済ビジネスジャンル全品ポイント最大50倍施策(~10/26)

電子書籍

信長と信忠 みんなのレビュー

  • 鈴木輝一郎 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

信長と信忠

紙の本信長と信忠

2009/10/23 10:32

はい、私は著者です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鈴木輝一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「家庭人としての信長はどんな奴だったのか?」という、素朴な疑問から本書を書き起こしました。
 長男・織田信忠が「奇妙丸」などといった奇妙な幼名をつけられたのは、信長が家督を相続して間もないころ。家臣や家族に一斉に離反され、謀反をおこされた尾張時代のこと。信長は長男になぜこんな名前をつけなければならなかったのか。
 信長が周囲に誤解され、誤解を生み、誤解し続けたのはよく知られている通り。自分だけのことでいっぱいいっぱいだった時期に、生まれ、育った子供をみて、そして周囲が落ち着いてきたとき、いつのまにか誰もが認める名将になった息子の存在に、信長は何を感じ、何を考えたのでしょうか。
 まあ、そんな固い話はあとにして、とにかく、お楽しみください

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示