サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

四十八人目の忠臣 みんなのレビュー

  • 諸田 玲子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

四十八人目の忠臣

紙の本四十八人目の忠臣

2012/02/02 22:55

もうひとつの忠義

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 赤穂浪士の忠臣蔵と新撰組は、日本人に人気があり、何度も映画やTVドラマ、小説で取り上げられていることからも、世代や時代を超越した普遍的な素材と言える。忠臣蔵に関しては、多くの作品が討ち入りそのものを到達点として完結しており、読者は、長い間の宿願がやっと果たされた喜びに共感する。ところが、本当の歴史は討ち入りの後も続いている。いや、むしろ、その後の方が難しい。討ち入りを決めた人々は、吉良上野介を討ちいれば後は美しく散るだけだが、やっている事は計画殺人であり、ある意味テロである。そんな行為を行った人々の縁者は、そしてそもそもの浅野家はどうなったのか。
本作は、今まで美談の陰になって焦点を当てられることのなかった、もう一つの忠義のあり方を描く。主人公は、タイトルにもなっている『四十八人目の忠臣』である。赤穂浪士は四十七士であるはずなのに、なぜ?といぶかる歴史ファンも多かろう。直前で討ち入りを脱落したあの人か、と推理する人はかなりのツウだろう。だが、今回の四十八人目は、今まで誰も名指しされたことのない人物である。歴史上の有名人ではあるので、その正体を知った方は、「なるほど、その手があったか」と発想の妙に手を叩くだろう。そしてその説、あながち全く荒唐無稽というわけでもないらしい。
 本編の特徴としては、女性の登場人物の割合が大きい。討ち入りそのものや準備段階よりも、むしろお家再興や残された家族たちの行く末を描く比重が従来の作品に比べて大きいためであり、新たな視点から赤穂浪士の物語を見つめ直す効果もある。彼等の目から見た大石内蔵之介、浅野内匠頭、そして吉良上野介夫妻像は、敵、失態を犯した大名、深謀遠慮の昼行燈以外の貌を垣間見せて、興味深い。自らの美学を通すことは確かに美しく自分も満足するが、目的を果たすためには、それだけでは難しい。なぜなら、自分以外の相手の心を動かさなければならないのだから。ある人の生き方を通じて“その人にしかできない忠義”の有り方を示してみせた佳作。なお、同著者の作品で忠臣蔵を題材にした『おんな泉岳寺』や、作品中にフィクサーのような形で登場する柳沢吉保が登場する『灼恋』もあるので、併せて読むと多角的な見方が出来る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

四十八人目の忠臣

紙の本四十八人目の忠臣

2012/02/12 11:00

赤穂事件の発端から始末まで、浅野家江戸屋敷に奉公する町娘・きよはがなにを見てなにを感じたのか。相思相愛の義士・磯貝十郎左衛門と添い遂げたい、一途なきよであったが、武門の中でに生きる本物の貞女たちに接し「忠義の道」に目覚めるプロセスを描いた女の忠臣蔵

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年のNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』。NHKらしく、現代という視線からその時代の女性を描いている。いつもながら女性が男どもを右往左往させる豪華絢爛のホームドラマであって、現代女性をそのまま戦国時代にタイムスリップさせたような珍妙さにはしばしば失笑を禁じえなかった。2009年に読んでいた諸田玲子の『美女いくさ』と比べたものだから余計に子供だましのように映ったのかもしれない。

『四十八人目の忠臣』、浅野家江戸屋敷で奉公する町娘・きよが関わった忠臣蔵事件の始終を追ったものである。
きよは飾り帯のコピーで次のように紹介されている。

「愛する磯貝十郎左衛門と浪士のため、討ち入りを影から助け、その後、浪士の遺族の赦免、赤穂家再興を目指し、将軍家に近づいた実在の女性」

きよの家はもともとが武家ではなかった。きよの父親(僧・元哲)であるが、養子入りして士分を得たものの、他人の妻と駆け落ちし、その身分を捨てて、恋を貫いた男である。きよはこの武士の風上にも置けないような男の娘である。父の生き方を認めているきよが浅野家江戸屋敷で奉公し、熱く切ない恋をする。その男は浅野内匠頭長矩のお小姓をつとめた寵臣であった。相思相愛の二人だが身分が違う、さぁどうするどうすると。そうこうするうちに御家の一大事勃発、女心では十郎左衛門に決死の行動には加わって欲しくない、男だって晴れて所帯を持ちたいところだ。が、男は忠義の武士でありそうはいかない。恋を貫き通せそうもなく、じりじりしながら、やがて女にも「忠義の道」があることに目覚めていく。

時代物恋愛小説としては平板極まりないお話なのだが、読みどころは前半、討入り決定までの女心のゆらぎにある。お屋敷に奉公、芸事を習得し、いいところに嫁して、幸せに夫に仕えたいと夢見る普通の町娘が、お家の一大事の中で武門を支える女性たちに感化されていくプロセスを著者は描きたかったのだろうと思われる。
参勤交代で久しぶりに江戸入りする長矩一行を迎える妻女・(後の瑤泉院)と奥女中たちのうきうきした様子がまず印象的だった。忠臣蔵を奥座敷の女たちから見た小説は読んだかとがなかった。
一転して刃傷沙汰。
取り乱す家臣たちの前で阿久利は凛として、何よりも先に吉良上野介の生死を尋ねた。夫の命がけの行動は成功したのかと。夫の安否を尋ねるものと思っていたきよはこれが武士の妻の心意気かと胸をうたれる。
殿の無念を晴らすことに執念を燃やす阿久利に対し、討入りに賛同せず大局的見地からお家再興を第一義とするのが仙桂尼。仙桂尼は先代に信任厚く仕えた奥女中の筆頭、生涯を主家のために捧げた女性である。
愛しい十郎左衛門の母・貞柳尼にさえ、きよは諭される。武士が命より大切にしているのは忠義である。息子が忠義を尽くすべき相手は主君であり、主君の許しがなければ結婚はできないのだと。
武門の家柄、堀部家のほり(弥兵衛の娘であり高田馬場の英雄・安兵衛の妻)も助言する。殿は寵愛した十郎左衛門の嫁に浅野と縁が深い由緒正しい娘を考えているはずだから、あなたの思いは深入りしないほうがよいと。

感覚が古いと不愉快になる読者がおられることと思う。だがNHKとは反対の極にあって、女性主人公は時代の変革を先読みする人物ではない。著者には現代からの視線はない。ストイックなまでにその時代の座標軸に立って、その時代の枠組みの中で苦闘する女性をドラマティックに描いている。時代背景がしっかりと捉えられているため生き方には真に迫るものがある。『奸婦にあらず』もそうだった。そして、著者があえてこういう生き方の良し悪しを問わずに物語が進むところで、読者としてはその時代と一体になれるのだ。諸田玲子の時代小説の魅力だと思う。

だがこの作品のできばえはどうだろうか?
「四十八人目の忠臣」とはきよを含めたこの女性たちをさしている。

この忠義の女性たちはなにをなしたか?
ここがフィクションをドラマティックに盛り上げる要であるはずなのだが、高い志だけがあって、残念なことに印象に残るような具体的な活動が描写されていない。討入りを首尾よく成就させるスパイとして吉良邸にもぐりこんだきよが、大勢を左右する重要情報を得たかといえば、そんなことはなかった。ハラハラする場面もない。
宣伝のうたい文句である「浪士の遺児たちの無罪放免と赤穂浅野家の再興」のための行動であるが、仙桂尼と大奥入りしたきよに読者の期待がかかるにもかかわらず、最終の二章で淡白に述べられているに過ぎない。柳沢吉保、間部詮房、桂昌院らとかかわりがあったようなのだが、命がけのやりとりはなかったようだし、どういう工作をしたのだろうか、どう読んでも迫力に欠けているのだ。ここは同じ背景で描いた 池宮彰一郎『四十七人目の浪士』、寺坂吉衛門の熾烈な後半生とは雲泥の差がある。

煮えきれずに読みおえたのにはもうひとつの難点があった。
きよを指して宣伝文句にこうある。
「歴史に名を残した思いがけないあの女性」
「実在の女性」
謎解き風だから実名はここでは言わないのが礼儀。へぇ~そうかな?「この女性」の前半生がきよか!と最後にわかる仕掛けで作られている。
ところが「この女性」の後半生について、著者独自のイメージがまったく触れられていないために、どちらかというと悪女の通説だけを知っているものにとっては、無理やり木に竹を接いだような違和感が残るのだ。綱吉の生母・桂昌院を描いた竹田真砂子『桂昌院 藤原宗子』のサクセスストーリーのような一貫性が感じられなかった。

やはり忠臣蔵は男の世界なのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示