サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン (~9/30)

電子書籍

東京會舘とわたし みんなのレビュー

  • 辻村深月
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

東京會舘とわたし 下 新館

紙の本東京會舘とわたし 下 新館

2016/11/30 23:47

人の思いが重ねられる場所

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒトコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

下巻は、昭和40年代に新館に建直されてから、更にまた建直しの為休業に入った昨年までの物語。旧館での亡き夫との思い出を新館に見出す女性。會舘でディナーショウを行う越路吹雪と従業員のふれあい。東日本大震災の日と會舘クッキングスクールの生徒たちの人生。直木賞作家の親子関係と會舘、そして作家が東京會舘を題材に小説を書こうと取材に訪れるエピローグにつながる。歴史は人の思いの積重ね、それがしみじみと伝わってくる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東京會舘とわたし 上 旧館

紙の本東京會舘とわたし 上 旧館

2016/11/30 07:21

人びとの思いが歴史をかさねる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒトコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

帝劇近辺には何度か行ったが、東京會舘を知らなかった。ひとつの建物の歴史が、関わった人々の人生模様とともに語られることで奥深い物語になっていく。丸の内周辺には明治大正の歴史的建造物が多く残るが、帝劇が比較的新しい建物に見えたのは、空襲で焼けていたからなのか。知らなかった。これまで読んだ辻村作品とはひと味違う趣だったが、とてもよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東京會舘とわたし 下 新館

紙の本東京會舘とわたし 下 新館

2016/10/26 14:04

ラストが、美しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スカイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻を読み終わり、数日開けて、下巻を読みましたが、これは、一気に、上下巻読んだ方が良いですよ。

ラストが、美しい。
作風が艶やか。

辻村深月さんの、益々のファンになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東京會舘とわたし 上 旧館

紙の本東京會舘とわたし 上 旧館

2016/10/26 14:01

斬新

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スカイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

辻村深月さんの本がとにかく大好きです。
しかし、タイトルからして、少し昔のお話なのかなと、買うのを少し躊躇いましたが、読み始めたら、一気に辻村ワールドに引き込まれました。

今までの、辻村さんの作風と違うなと思ったのは、私だけではないはず。

普段は、若い作家の本を読まない母も、この作品は大絶賛でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東京會舘とわたし 上 旧館

紙の本東京會舘とわたし 上 旧館

2016/08/05 17:54

素晴らしい物語。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エミー - この投稿者のレビュー一覧を見る

辻村さんの新刊。早速上巻を読みました。素晴らしい物語。時代の背景と共にめまぐるしく国の状況が移り変わり、移り変わる時代と共にそこに生きる方達と息づいている東京會舘。辻村さんの新たな一面を強く感じられる作品でした。このまま下巻へ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東京會舘とわたし 下 新館

紙の本東京會舘とわたし 下 新館

2017/01/25 20:21

想いを紡ぐ人々

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京會舘のお客様の想いも、そこで働く人たちの想いも、連綿と受け継がれ今に至る。
人々の想いが受け継がれる事の幸せがたっぷり描かれている。
少しいい話が多すぎるきらいもあるけれど、それだけ東京會舘に魅せられている作家の想い出があるんでしょう。

東京會舘へ行った事がない事が残念。
けれども、同じような想いを大切にしながら今の時間を過ごし、子供達へ受け継ぐ事が出来たら、本作と同じような想いが再現されると願いたい。

時代とともに、東京會舘のような場所は少なくなっているのでしょうが、それは私達の生き方に責任があるのでしょう。

大切な事を思って過ごしていますか。
大切な人に想いを伝えていますか。
大切な人を思って言葉をかけていますか。
今の時間を大切に過ごしていますか。
そんな事を考えさせられる東京會舘の奇跡の物語を心に残しておきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東京會舘とわたし 上 旧館

紙の本東京會舘とわたし 上 旧館

2017/01/23 20:07

幸せな気持ちになる物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

とっても素敵な物語。
大正十一年に建てられ、関東大震災、世界対戦を経て今に至る東京會舘。
そこで働く人たち、お客様の物語が連作短編で語られる。
大戦の最中の結婚式良かった!
花嫁の心細い心情に寄り添う頼もしい遠藤さん。
遠藤さんの頼もしい暖かさにほっとさせられました。

第五章の「しあわせな味の記憶」はとっても良い物語。
変わらない味を守り関わった人たちが大切に受け継いでいる物語、素敵です。
でも少し長いかな。
もう少し他の物語と同じ位にさらっと語って欲しかった。
でも下巻が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示