サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品最大20%OFFクーポン(1218-21)

12/1 100万ポイント山分け!必ずもらえるキャンペーン(~1/8)

電子書籍

顕微鏡で見るミクロの世界 みんなのレビュー

  • 山村紳一郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

顕微鏡で見るミクロの世界 仕組み・使い方・撮影テクニックがわかる

大人の「顕微鏡遊び」への道。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

写真や図を豊富に使って「顕微鏡を使って見る楽しみ」を教えてくれる本。
 まえがきで著者が「何かが見えてくると、私たちはなぜか”わくわく”する。」と書いている。たしかにそうかもしれない。「見える」=「わかる」ということも含めて。そして、拙いながらも自分でみつけるからこそ、の高揚感は何物にも代えられないものだ。幼い子供が指先の何かを真剣に見つめているときに感じていたような気持。本書は大人にもそんな「わくわく」する世界への扉の開け方の一つを教えてくれる本だと思う。

 最初の方には光学原理の説明や操作の基本が載っていてちょっと難しい(ケーラー照明なんて専門用語も)感じもある。半ばからは「なんでもみてみよう」的な誰でもはじめやすそうなものから、ちょっとした資料の作り方や操作の工夫まで。普通の顕微鏡に普通のデジカメをつなぐ「手造りアダプタ」なども実際に手をつけたら役立ちそうである。著者が実行しているからこその言葉もあった。観察を進めるのに「準備と後片付けが大切 P36」という言葉。これは実験一般、それから料理であっても、実際に進めるときには大切であるが忘れがちなことでもある。
 具体的な顕微鏡の型番が出てきたり「中古の買い方」の話もあったりするので、子供向けというよりは「大人の趣味」という色合いが濃いだろう。

 昨今の生物関係の科学はDNAやらタンパク構造やらがどうしても全面に出てきている。生物系出身で就職してもそういう関係だった、という方の中にも「ゆっくり生き物をみてみたかった」という気持ちが残っている人も多いのではないだろうか。そんなかたこそ、こういう本を参考に「ゆっくり見てみたかった」気持ちを満たしてみては。「そこそこ良い顕微鏡を買って」などできるのは大人だからこそ、だから。

 わくわくしながら顕微鏡をのぞいている両親や祖父母を見たら、子供たちもきっと覗いてみたくなるはず。
 生物系で薬の営業関係をしていてそろそろ定年、の先輩にも本書を紹介してみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

顕微鏡で見るミクロの世界 仕組み・使い方・撮影テクニックがわかる

見えないものまで見える世界

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たま - この投稿者のレビュー一覧を見る

発見の連続!画像に興味を持ってひらいてみたけど、結構学習できました。おもしろいので、小学生の子供も興味深々。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示