サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

攻守ところを変えて―日銀副総裁になった経済記者 みんなのレビュー

  • 藤原作弥 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

攻守ところを変えて 日銀副総裁になった経済記者

1999/6/28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ビジネス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 36年間時事通信社で主に経済、金融畑を中心に記者生活を送ってきた著者が昨年3月、日本銀行副総裁に就任した。本書のタイトル通り、取材する側からされる側へ、攻守ところが入れ替わったのである。
 著者は、昨年4月の新日銀法施行に向けて金融制度調査会・日銀法改正小委員会委員を務めるなどの実績を買われて現職に就任した。ところが、就任当初マスコミからは「ドンキホーテのように無謀だ」「外様のジャーナリストに何ができる」などと批判された。本書は、そんな風評に臆することなく、経済記者の目で組織改革を推し進める著者が、平成不況や日本の将来、そして日常の様々な話題を独自の切り口で綴ったものだ。
 エコノミストらの景気予測については、「政府、日銀、シンクタンク、経済学者はみな討死にし、死屍累々」だと批判。日本に求められているのは、為替の変動相場制移行で世界をあっといわせた米国のニクソン元大統領ばりの大英断だと指摘する。その他、高齢化社会、慰安婦問題、メディア批判、比較文化や旅行記までテーマは多岐にわたり、現代の世事風俗を知るためのエッセー集としても楽しめる。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示