サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/18)

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/18)

電子書籍

偽りのフィアンセ 公爵の甘い誘惑 みんなのレビュー

  • 水島忍, アオイ冬子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍

偽りのフィアンセ 公爵の甘い誘惑

連作の第一作目です。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

連作の第一作。
2012年にジュリエット文庫から出版されたものが、ガブリエラ文庫αとして続々出版されている模様です。
作者後書きも、ジュリエット文庫の時のままです。

「危険なフィアンセ 諜報員の甘い誘惑」
「伯爵の強引な求愛 契約のフィアンセ」
「完全無欠のウェディング・ベル」
と、ヒロインを変えて、この先続く一連のシリーズ作品の、第一作。
ギルバートとリディアのお話です。
リディアとローレルはそっくりな双子の姉妹。
でも、性格は、活発なリディアと、おとなしいローレルと、正反対。
二人同時に、父が勝手に婚約者を決めてしまい、特に、ローレルの相手のギルバートは、ローレルのような従順な妻を求めているとか。
反発したリディアは、双子で入れ替わり、お互いの相手から嫌われるような行動をとって、破談にしようと計画します。

かなりややこしいです。
入れ替わったリディアは、周りから見たら、ローレル。
でも地の文は、リディア。
慣れればなんてことありませんが、一カ所、リディアと書くべきところを、ローレルと書いある誤植がありました。
移植するなら、誤植は直して欲しいです。
リディアが湖に落とされるあたりで。

ビクトリア時代のイギリス風の舞台背景。
資産家の娘と貴族の結婚が(しかも公爵様だ)当たり前にあると描かれているので、ビクトリアも後期の感じですね。
活発なリディが、恋に落ちていく過程が、なんとも可愛かったです。

この作品と「危険なフィアンセ 諜報員の甘い誘惑」は、時系列的に、ほぼ同時進行の部分が多く、比べながら読んでみるのも、楽しいかも。
バラバラに読んでも問題なしですが。

因みに、私は、このシリーズは、4作目の「完全無欠のウェディング・ベル」を最初に読みました。
後に行くほど、面白くなっていく感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示