サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

危険なフィアンセ 諜報員の甘い誘惑 みんなのレビュー

  • 水島忍, アオイ冬子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍

危険なフィアンセ 諜報員の甘い誘惑

連作第2作。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

「偽りのフィアンセ 公爵の甘い誘惑」に続く連作2作目。
この後、
「伯爵の強引な求愛  契約のフィアンセ」
「完全無欠のウェディング・ベル」
と、続きます。
この作品は、2013年に、ジュリエット文庫から刊行されたものです。
ジュリエット文庫の名作達、捨て置くには惜しいですから、嬉しいです。

婚約が嫌で、入れ替わって相手に嫌われて、破談にしちゃえと企む双子の姉妹、リディアとローレル。
このお話は、ローレルと、ホントはリディアのお相手のジェームズのお話。
ジェームズは、子どもの頃は、双子のお兄さん的存在の幼なじみ。
ローレルは、活発なリディアと仲良く過ごすジェイムズに憧れていた、引っ込み思案の女の子でした。
大人になってしばらく会わないうちに、ジェイムズは派手な交友関係やギャンブルの噂がつきまとう浮ついた人になっていて・・・
でも、やっぱりジェイムズが好きなローレル。
彼がリディアと結婚してしまうなんて耐えられないと、一生懸命破談に向けて、退屈な女のお芝居をします。

二人の恋は、いろんな障害があって、スムーズに進みません。
一人でいろいろ考えて、考え込む性格だから、余計に内圧が高まりすぎて、思い切った行動に出てしまうローレル。
恋は女の子を強くするな、って思います。
水島さんは、男性側の心理もしっかり書いてくれるので、ジェイムズの気持ちもわかって、安心して読めます。

私的には、この一連の連作の面白さをヒロインの名前の式にしてみると、

リディア>ローレル<アメリア>ルーシー

です。
もちろん、好みがあると思います。
シリーズの中で一番の低評価になっちゃうのですが、「知ってるでしょ」みたいな感じで書かれている文章が多い気がするからです。
そりゃ、前作を知ってる読者は知ってますけど、やっぱり、そこはちゃんと書いて欲しいと思います。

でも、リディアとルーシーのお話は、同時進行の部分が多いので、ああ、この時この二人は裏でこんなことしてたのね、みたいなことがわかって、楽しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示