サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

[別パターンA]10月度:コミック ポイント最大50倍(1001-31)

電子書籍

7手詰将棋 みんなのレビュー

  • 高橋道雄
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

7手詰将棋 実戦の勝率が上がる202問

期待を超えた続刊

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ココちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前著「5手詰将棋」が素晴らしかった高橋九段、待望の続刊「7手詰将棋」が登場しました。

前著の書評にて唯一の不満点?である
「これだけの「囲い」の問題を揃えたのだから、その事をアピールしてほしい」旨を書きました。
そのおかげではないでしょうが(笑)、本書では帯にて、
「テーマは「実戦形」 実戦で現われる囲いがたっぷり詰まった問題集。(中略)
 実際の囲いを攻めているように、いろいろな形に対応する力がつきます。」
ときちんとアピールされています。せっかくのセールスポイント、どんどん押してほしいです。

アピールしたからにはといわんばかりに、豊富だった前著よりもさらに「囲い」の問題が増えています。
矢倉・美濃・舟囲い・銀冠・穴熊・木村美濃・金無双・雁木・右玉、居玉が前回扱われていましたが、
今回はそれらに、相掛かり戦等で序盤に用いられる囲い(7九銀7八金6八玉5八金 型)や、
横歩取り8五飛戦で定番の中原囲いの問題が加わっています。

また「7手詰め」と2手伸びたのが上手く活かされており、
前著よりも「囲い」が崩れていない、「囲い」が健在の詰将棋が増えている印象です。
今作も退路封鎖、空間作成、大駒の離し打ち、駒取り問題と実戦頻出の手筋ばかりです。

本書も難易度は易しめですが、やはり7手詰めということで5手詰めに比べ、
さすがにひと目で解ける問題は減りました。
それでも、まだまだアマ有段レベルでも早指しの実戦で詰ませたいレベルですから、
前著より歯ごたえの増した、とても良いレベルの詰将棋本と言えるのではないでしょうか。

構成についてですが、シリーズ定番のレイアウトなので解答の裏透けに対する配慮は完璧です。
透けにくい紙を使い、かつ前ページの黒塗り部にあたる所に解答を配置する工夫がされています。
黒塗りも小さく自然で考えられたレイアウトです。

今作も1000円で202題とコストパフォーマンスが良いですし、
そもそも7手詰本は少ないこともあり好著だった前著並に、いや前著よりも「買い」でしょう。
前著同様に「7手詰めならこの本!」と自信を持ってオススメできます。

良作が続くこのシリーズ、高橋九段にはさらなる続刊を期待したいです。
まえがきに「出題数が多くて大変なこともありますが」とはありましたが、
9手詰め、あるいは5手詰め・7手詰めの2巻目、ぜひぜひお願いします(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示