サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

電子書籍

マチネの終わりに みんなのレビュー

  • 平野啓一郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍

マチネの終わりに

電子書籍マチネの終わりに

2016/11/30 22:28

誰もが誰にでもなり得る。だからこわい。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukikokigoshi - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰もが誰にでもなり得る。だからこわい。主役のふたりとその周辺、登場人物の誰もに、誰もがなり得る。早苗は「脇役」を買って出ているようで、実のところ小説の「主人公」洋子あっての主人公である。それぞれの関係には、傷、というほどはっきりと残酷な様相を呈してはいないものの、まるで砂の小山のような蟠り(わだかまり)が存在している。決して消し去ることが出来ない蟠り。蟠りの小山がある時、引き返すか、見ないふりをするか、砂山を蹴散らすか、風化するのを待つのか…。小山を微妙に避けながら続けることも出来よう。しかし小山はいつまでも依然としてそこに存在する。そして登場人物の全員が、おそらく、その事を知っている。

読後、喜怒哀楽好悪を感ずるだろう。そういう意味で小説としての成功に拍手をおくりたい。『未来は常に過去を変えている』という文言の配置もちょうど良い。そして、誰もが誰にでもなり得る、ということに気づくとこわくなる。

平野啓一郎の作品を、また読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示