サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:20%OFFクーポン(0219-21)

集英社30%OFFクーポン(~2/21)

電子書籍

黒元帥の略奪愛【SS付】【イラスト付】 みんなのレビュー

  • 上主沙夜
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍

黒元帥の略奪愛【SS付】【イラスト付】

良かった

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

好きなイラストレーターさんだから購入。愛する人の為にわざと悪役を演じるというか、悪役を引き受けるヒーローの隠れた優しさが良かった。
ストーリーはまぁはじめからヒロインの為にやったんだなと分かりつつ、面白く読めたのは作者さんの書き方が上手いからだろうなと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

黒元帥の略奪愛【SS付】【イラスト付】

ツンデレ女王さまとデレすぎ国王さま

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

父王の死後、16歳で即位したディアドラを側でずっと支えてくれたのは、ヴラド・ラズヴァーン元帥公爵。
ディアドラは、彼に密かにずっと思いを寄せていたけれど、隣国のイムレ王子との婚姻を決意する。
それを告げたその夜、4将公がクーデターを起こす。
隠れて私腹を肥やしていた宰相を捕縛し、王権を主張したのは、4将公を束ねる、他ならぬヴラドだった。
彼は建国時の誓約を持って、正統な王権を主張できる身分。
王位につくには、王家の直系であるディアドラを娶る必要がある。
ずっと愛していたヴラドに散らされながらも、ディアドラの心は、怒りと屈辱に燃えるのだった。

ディアドラは、誇り高くて苛烈な王女さま。
火のように激しくて真っ直ぐです。
そして、ツンデレです。
ヴラドは冷静で腹黒い敬語ヒーロー。
だいぶヤンデレです。

最初は、ヴラドは王権のために自分を娶るのだと、怒りに燃えるディアドラですが、もともとヴラドのことを愛しているので、彼の本気にほだされて、あれ?っていうほどコロっと怒りを静めて、さっさとデレ期に入ってしまいます。
あんなに盛大に怒っていたのに・・・
ヴラドは憎ったらしいほど余裕シャクシャクで、ディアドラが自分のことを好きなのも、とっくに知ってたものですから、ディアドラに嫌がって抵抗されようと、ビクともしません。
ディアドラなんて、掌の上でコロコロ転がしてるような感じです。
全く迷いのないヒーローってのも、ちょっと物足りないかもしれませんね。

でも、ツンデレとヤンデレの組み合わせは、まあ、正統派といえるんじゃないでしょうか。


物語の中の二人の心のすれ違いはさっさと終結し、その後伏線を元に新たな展開の中で転がっていきます。
エロはめっちゃ多いです。
ヴラドを心から受け入れて、ディアドラがツンを辞めちゃった最後の方のエロシーンは、甘々です。
ヴラドは睦言喋りすぎでちょっと苦笑。

前半と後半のカラーの違いは、エロシーンだけではありません。
ディアドラは、苛烈な運命を背負ってきた女王で、前半は彼女の生い立ちから、彼女自身を形作ってきたものが、エピソードの中に練り込まれ、しっかりと語られ、激しくて苛烈なストーリー展開。
後半は、コミカルなシーンもあるほど、くだけて甘い印象に変わっています。
ハッピーエンドに向かうのは良いことですが、短い作品中で印象が途中でがらりと変わったので、読んでいて戸惑いを感じた分ことが、★1減の理由です。

4将公、好きです。
私も断然ラドゥです。
後書きで作者が書かれていたエピソード、読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

黒元帥の略奪愛 女王は恋獄に囚われる

腹黒ヒーロー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナイロンスカートさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

好いた相手と結婚するのはいいことだけどーーーこんなにひっちゃかめっちゃかにする必要はないよねーーーー苦笑。という感じでしょうか。

身分の違いがどうであれ、一番の軍事支配者を婿に迎えるのいいんじゃない?
へんてこな国の王子と政略結婚するメリットはそれはそれであるけど、自国を守るという強化的にはありなんじゃない?

まあ、問題は結婚するヒロインが王女じゃなくて女王だから厳しいのはあるかもしれないけどーーー。

そこで、お互い好きだけど、身分違うし、向こうも好きって言ってくれないし…っていうのでクーデターですか…それはそれは…という感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示