サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

 【ポイント】経済ビジネスジャンル全品ポイント最大50倍施策(~10/26)

電子書籍

王と寵姫【SS付】【イラスト付】 みんなのレビュー

  • 白ヶ音雪
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

高い評価の役に立ったレビュー

電子書籍 【期間限定価格】王と寵姫【SS付】【イラスト付】

6人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2017/02/23 23:34

きちんとした端正な物語。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

白ヶ音さん、ついにやりましたね、という感じ。
ご自分の欲望を抑えて、端正な物語を書かれたな、と思いました。
丁寧に丁寧に紡がれる恋物語は、やや冗長でしたがしっとりと、なかなかに読ませてくれたのは、人の心をしっかりと描く白ヶ音節だからこそかな。
恋する二人の恋情の起伏がわりと穏やかな分、起伏をつけるためにか、設定にいろんな要素を盛り込みすぎたきらいもありましたが、破綻はせずにすんでます。

兄王の死後、国王となったアレクサンドルは、兄の寵姫だった隣国からの人質であるルチアを酔った勢いで抱いてしまうが、彼女はなんと純潔だった。
自分のしたことを悔い、ルチアに償うべく、離宮を訪れる日々。
やがてルチアへの想いは、深い愛情に変わっていく。
ルチアは、実は本当のルチアではなく、忌み子として育てられた双子の片割れオンブラで、アレクサンドルの少年時代の想い出を共有している過去を持っていた。
そのことは言い出せないまま、ルチアはアレクサンドルの愛を受け入れるようになるが、何者かが彼女を狙うようになり…

こう書くと、始まりはサイテー男のアレクサンドルですが、彼の揺れる気持ちの描き方が抜群で、そんなに嫌なヤツに思えないのです。
辛抱強くルチアに償い続ける態度も真摯で、好感度アップしてしまったほど。
優しく、辛抱強い真面目な王様でした。
そんなに真面目な男なら、最初っから無体なことするなよー、って感じなのですが、そこの理由付けがこれがまたうまくて。
一方ルチアは、本当に欲のない清らかすぎるお嬢さん。
でもやっぱり、ゆれるゆれる気持ちの描き方が抜群で、そんなに嫌味でなく、彼女の気持ちを読み込んでいけました。
心揺さぶるエロは丁寧で、最初はアレですが、全体的に甘くて端正、量的にはやや控えめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

電子書籍 【期間限定価格】王と寵姫【SS付】【イラスト付】

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2017/02/09 18:34

カモミールのようなヒロイン

投稿者:Sara - この投稿者のレビュー一覧を見る

キーポイントはカモミールなんでしょうか…
ヒロインの周りはカモミールに包まれ、清純で爽やかな雰囲気なんですが、その実は忌み子として替え玉にさせられ、受難の数々を経験したまだ17歳の女の子なんです。
ヒロインが悪意に気づかなかったり、苦しみながらも自分のせいにして気持ちを浄化しているせいか、読んでいて共感しにくいと思いました。
従姉妹の悪業も手口も事後の様子も身勝手に尽きるし、退場するのもあっけなく薄っぺらい印象でした。
替え玉にされた本人も全く登場しないところや、最後まで替え玉のままでいることにもスッキリしなくて星2つです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍

【期間限定価格】王と寵姫【SS付】【イラスト付】

きちんとした端正な物語。

6人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

白ヶ音さん、ついにやりましたね、という感じ。
ご自分の欲望を抑えて、端正な物語を書かれたな、と思いました。
丁寧に丁寧に紡がれる恋物語は、やや冗長でしたがしっとりと、なかなかに読ませてくれたのは、人の心をしっかりと描く白ヶ音節だからこそかな。
恋する二人の恋情の起伏がわりと穏やかな分、起伏をつけるためにか、設定にいろんな要素を盛り込みすぎたきらいもありましたが、破綻はせずにすんでます。

兄王の死後、国王となったアレクサンドルは、兄の寵姫だった隣国からの人質であるルチアを酔った勢いで抱いてしまうが、彼女はなんと純潔だった。
自分のしたことを悔い、ルチアに償うべく、離宮を訪れる日々。
やがてルチアへの想いは、深い愛情に変わっていく。
ルチアは、実は本当のルチアではなく、忌み子として育てられた双子の片割れオンブラで、アレクサンドルの少年時代の想い出を共有している過去を持っていた。
そのことは言い出せないまま、ルチアはアレクサンドルの愛を受け入れるようになるが、何者かが彼女を狙うようになり…

こう書くと、始まりはサイテー男のアレクサンドルですが、彼の揺れる気持ちの描き方が抜群で、そんなに嫌なヤツに思えないのです。
辛抱強くルチアに償い続ける態度も真摯で、好感度アップしてしまったほど。
優しく、辛抱強い真面目な王様でした。
そんなに真面目な男なら、最初っから無体なことするなよー、って感じなのですが、そこの理由付けがこれがまたうまくて。
一方ルチアは、本当に欲のない清らかすぎるお嬢さん。
でもやっぱり、ゆれるゆれる気持ちの描き方が抜群で、そんなに嫌味でなく、彼女の気持ちを読み込んでいけました。
心揺さぶるエロは丁寧で、最初はアレですが、全体的に甘くて端正、量的にはやや控えめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【期間限定価格】王と寵姫【SS付】【イラスト付】

カモミールのようなヒロイン

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sara - この投稿者のレビュー一覧を見る

キーポイントはカモミールなんでしょうか…
ヒロインの周りはカモミールに包まれ、清純で爽やかな雰囲気なんですが、その実は忌み子として替え玉にさせられ、受難の数々を経験したまだ17歳の女の子なんです。
ヒロインが悪意に気づかなかったり、苦しみながらも自分のせいにして気持ちを浄化しているせいか、読んでいて共感しにくいと思いました。
従姉妹の悪業も手口も事後の様子も身勝手に尽きるし、退場するのもあっけなく薄っぺらい印象でした。
替え玉にされた本人も全く登場しないところや、最後まで替え玉のままでいることにもスッキリしなくて星2つです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示