サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

[CPあり]2017年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍

Only with Your Heart【SS付】【イラスト付】 みんなのレビュー

  • 泉野ジュール
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍

Only with Your Heart【SS付】【イラスト付】

良ーい!

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

良ーい!
あんまり良いので、サイトを覗きに行っちゃいました。
なろうに原作となった小説は置いてあります。

ヒロイン千鶴は異世界へと召喚され、その世界の者以外でないと倒せない竜退治に力を貸す。
その時に共に力を合わせた騎士のひとり、ルクロフと愛し合うように。
彼と生きていこうと心を決めたけれど、ただひとりの肉親の祖母の病の知らせに、元の世界に戻りたいと願ってしまい…。
祖母を看取って、ルクロフの世界に戻ってくることができたのは、1年2カ月後。
ルクロフにとっては、14年の時間が流れていた。

ここまでが、前提の設定。
物語は、再会したヒロインとヒーローの、主にヒーローの愛する人を失って、追い求めて、諦めた14年間に焦点を当て、そこからリハビリ復活していく彼と彼女の関係に焦点を当てたお話として、サイト発表のものから再構成されています。
背景になかなかのボリュームを持つ冒険物語を持ちますが、それもエピソード的に上手く挿入しつつ、読ませる作品に仕上がっています。

ひとりの女にこだわって人生を棒に振っちゃう男なんて、現実世界では何の魅力もないのが、多分我々の世界の価値観。
でも、ひとりの人を愛することに命と、全てをかける、そんなシンプルな生き方ができる世界、それが許される価値観。
そんな世界を濃密にリアルに描いていて、それがたまらなく良いし、そんなヒーローは筆舌に尽くしがたいかっこよさ。
作者さまの言葉選びも、絶妙で、軽々しく今の価値観の言葉を当てはめていないところも、すごく心に落ちてくる。

彼への贖罪と愛を貫こうとする千鶴。
既に狂気の域にまで立ち入ってしまっているルクロフですが、決して病的になることなく、千鶴を愛し、また失うかもしれない恐怖と戦う、彼の苦しむ姿にも胸が締め付けられます。
物語に深みと微笑みを与えてくれる、魅力的な脇役のみなさん。
文も味わいがあって良いし、情事のシーンも情熱的で美しい。
エロは多めですが、エロと言う言葉で語るのが申しわけないタイプの筆力。
そして全てのシーンが、物語の上で必要必然なものでした。
絵も好き。
場面場面も、何度も読み返したいところがたくさんあります。
中世ヨーロッパの城の暮らしをイメージできる世界も、とても楽しい。

ただ、「おっしゃる」の活用を「おっしゃります」にしてるのは、作者様のこだわり?
こだわりでなければ、「おっしゃいます」ですね。
これだけが気になったのです。

次の作品が出たら、間違いなく真っ先に買う候補の作家さんのひとりに仲間入り。

サイトの作品を読んできました。
冒頭の部分は小説版が好き。
でもやっぱり、ラストの端折られたLadyXのエピソードは、必要だったな、と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

Only with Your Heart 烈炎の騎士と最果ての恋人

サイトから

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makhon - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネット小説サイトから本が出ると読んで、初版のおまけがついているとよんでそのためだけにこうにゅうしてしまいましたので、内容的にはすべて知っていたのと、一冊でおわっていないのでわかっていましたが少々ざんねん。けど画面をずっとみるのがしんどいのでかみになったのはうれしいです。できれば続きも紙にしてほしいのと、おまけのおはなしを本誌にもつけてほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示