サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

OP 全商品10%OFFクーポン(~9/21)

電子書籍

小さな哲学史 みんなのレビュー

  • アラン (著), 橋本由美子 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

小さな哲学史

紙の本小さな哲学史

2008/11/10 17:12

「デカルトがプラトンならば、スピノザはアリストテレスである」。アランらしい、厳密に抽出・精製された言葉で綴られた、小さな、美しい哲学書。今、もう一度アランと思わせる名品である。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「小さな」とついた、さほど厚くもない本ではあるが、決して「すぐ読める・・」「簡単・・」の類の「小さな・・」ではない哲学書である。
 ピュタゴラス、ソクラテス、アリストテレス・・・・、各章のタイトルには哲学者たちの名前が並んでいる。前半は各章2,3ページずつ、それも一行30字余りの短さで綴られている。アランには「定義集」という名作があるが、哲学者の「定義集」といっていいような、アランらしい、短いが決して「要約」ではなく、アランによって厳密に抽出・精製され結晶させられた文章である。あるいは、原石から削って削って珠玉の一文が輝き出た、というところであろうか。
 例えばスピノザを表した文章「デカルトがプラトンならば、スピノザはアリストテレスである。P69」などは、これらの哲学者を知っていないとわからないところであろう。多くはなくてもよいが、それぞれをきちんと考えたことのあるもののみに伝わるエッセンスなのかもしれない。

 後半は「オーギュスト・コント」という一人の名のもとに、「諸学の体系」「三段階の社会的法則」などなどといった副題が並んでいる。翻訳者も解説しているが、コントの考えを述べながら、ここまで見てきた哲学の流れを著者がもう一度つなぎなおしている、といった感じの後半部。この本について、「歴代の哲学者の精神を削りだした珠を、コントという糸でつないでつくった作品」と翻訳者が書いているイメージはまったく言いえて妙、である。
 「社会心理学」や「家族」の項目で語られる、「生物学的関係を第一の基盤」とする実証主義の考え方は、生物学、動物行動学が近年示してきた人間や人間社会の考え方にとても近い感じがする。コントは「実証主義」「社会学の創設」というお定まりの概念しか知らなかったのだが、現代、もう一度評価されて良い部分があるのではないだろうかと感じさせられた。
 もちろん、これはアランの「コントの解釈」であるので、アランの考え方と言った方がよいのだろう。アランはつねに肉体や運動が人間の精神活動の基盤である、と主張してきていたのだから。もっと評価されても、といいなおしたほうがいいのはアランなのかもしれない。
 今、もう一度コント・・?いや、いまもう一度アラン。

 どの章を取り出しても、極上のコーヒーかワインのようにじっくりと味わうことができる、アランの文章。不思議な美しさもあるこの「小さな哲学史」は、小品ではあるがアランの著作の中でも「名品」に数えてよいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示