サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

電子書籍

ちいさなカフカ みんなのレビュー

  • 池内紀 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ちいさなカフカ

紙の本ちいさなカフカ

2001/02/22 12:09

一途なドイツ文学者による「カフカの愛し方」

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者の池内紀先生は、現在『カフカ全集』(白水社)の翻訳に取り組んでいる。『変身』や『審判』、「掟の門」が所収された『カフカ短編集』ならば、その不思議で不条理な世界にしばし遊んで楽しむことができるけれど、たとえば『城』のような長編だと、いつまでたっても目的地に辿りつけない主人公のKよろしく、私も本を最後まで読み通す気力がなえ、作中人物に殉じて、いつまでたっても完読できないでいる。読むだけでもそんな有り様なのだから、全集の翻訳という仕事は、偉業なのだなあとつくづく思う。

 同じ著者によるカフカのエッセイには、『カフカのかなたへ』という本があり、気難しくてとっつきにくい印象のカフカの小説世界を、想像力豊かなメルヘンとして読み解くヒントが、魅力的な文章で書かれていた。この『ちいさなカフカ』では、恋をしたり、散歩や仕事をするカフカの日常生活が描かれ、さらにぐいぐいカフカの世界をこちらにたぐり寄せてくれているという強い印象が残った。

 カフカが恋人たちに宛てておびただしい手紙を書いたということ、映画が好きでよく見に行っていたということは、外国の研究者たちの著書にも書かれた生活者としての一面である。

 でも、身近なカフカの描写よりも、この本で特に際立っていることは、著者が「ほんのちょっとしたこと、ちいさな手がかりからカフカに入ってみた」と記述しているように、
(1)同世代を生きた宮沢賢治の童話とカフカの小説が視点を動物 に移し、人間以外の生きものへの変身という望みを作家が物語 の中で実現させたという共通点
(2)サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』とカフカの『アメリカ』がともに無垢の少年の魂の遍歴を描いたという比較
(3)ヴィトゲンシュタインとカフカの哲学や性格の類似
などといった独自の視点で観測できるカフカ像ではないかと思う。

 カフカを深く読み込み、深く愛し続けた研究者だからこそ見えてくる位相があるのだということがよくわかる。
 実は、池内紀訳のカフカは短編集しか読んだことがない。読み通した小説は、それ以外は全部他の翻訳者の手になるものだ。
 小さな真珠を丁寧に磨きながら、そっと糸でつないでいくような味わいのエッセイを書く池内紀先生。その訳でぜひ、カフカをまとめて読んでみたいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示