サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

[別パターンA]10月度:コミック ポイント最大50倍(1001-31)

電子書籍

なんのおと なつ みんなのレビュー

  • ビーゲン セン (作), 永井郁子 (絵)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

なんのおと なつ

紙の本なんのおと なつ

2010/08/31 14:47

音が“無限”にあるように、子どもの想像力も無限だなあ、としみじみと思わせられた一冊。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:迷子の子猫ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最近の絵本の中でも、作と絵がこれほどマッチしているのはないんじゃあないかしら? と一目で気に入った。子どもに読み聞かせたら、案の定、何度も何度も「これよんで!」とくる。何が気に入ったのかな? と考えてみたら、本の紹介の一言「新たな五感の体験が脳の想像力を高めます」を見て納得した。
 
 なんの音(擬音)なのかを考えさせられるだけの、単純なお話。そのなかに、考える力や、思い出す力を引き出してくれる絵本は、自然と読む力を養ってくれるのだろう。ムーくん、ふうりん、ふんすい、はなび、どの絵もやわらかくやさしい雰囲気が安心感を与えられるし、お話の内容も、4歳の子どももほとんど見たり聞いたり経験しているので、共感を得て楽しむことができる。

 「んーとね、んーとね・・・まっていわないで! ふうりん!」と自信満々で答える子どものキラキラした瞳の可愛らしいことといったら・・・。なんの音なのかを、当ててくれるたびに、愛しくて抱きしめてしまう。親子のスキンシップを増やしてくれる絵本に感謝♪

 なお、同じコンビの作品【きせつのえほん】では、『なんのいろ』(はる・なつ・あき・ふゆ)が既刊。『なんのかたち』と『なんのおと』((はる・なつ)は既刊で、あき(9月刊行予定)・ふゆ(10月刊行予定))。いずれも、日本の四季を感じさせ、想像力豊かにさせてもらえる絵本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんのおと なつ

紙の本なんのおと なつ

2017/05/07 11:34

音に関心を寄せる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

風鈴の音、噴水の水音、セミの鳴き声、花火の音などなど、夏の音を取り上げ「なにの音?」と音に関心を持たせる絵本。
ユリの花の咲く音はかなり感性が高くないと聞こえないですね。でも、こう言うの大切にしたいと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示