サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

モーニング35周年記念フェア連動 講談社コミック全商品対象ポイント最大50倍(~9/28)

電子書籍

ミステリー・ウィーク みんなのレビュー

  • ヘザー・グレアム, 笠原博子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ミステリー・ウィーク

ミステリー・ウィーク

2002/03/10 16:53

設定が存分に生かしきれていないのがちと残念

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:川原 いづみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 スコットランドの古城に作家や書評家が集まり、殺人劇の犯人当てをする『ミステリー・ウィーク』。しかし開催者の妻がその最中に謎の死を遂げる。城主は3年後にその場にいた人たちを再び招待し、ゲームの再開を宣言した。
 読んでいる途中で何だか違和感を感じて帯を見ると…この作家陣はハーレクイン? なるほど、それで納得。というのも、ヒロインが密かに憧れる男性に対する描写や、元夫に対する描写がなんだかそれっぽいんですねぇ。そこが鼻についてしまう人もいるのでは。
 設定は面白いんですが、途中、人々の会話部分でだらけたような感じを受けました。登場人物の「作家・書評家」という職業をもう少し生かしてミ、ステリファンを喜ばせる仕掛けを作って見せると良かったのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示