サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

OP (最大)20%OFFクーポン(~1/25)

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

電子書籍

忘れられた愛の記憶【ハーレクイン・セレクト版】 みんなのレビュー

  • イヴォンヌ・リンゼイ, 藤倉詩音
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

忘れられた愛の記憶

紙の本忘れられた愛の記憶

2015/09/19 19:09

記憶をなくすほどの衝撃

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいあいあいこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

病院で目覚めると、自分の名前を思い出せないベリンダ。
ルーク・タナーの妻?と聞かされます。

不安に思いながらもルークと家に向かいます。そこは豪邸。
夫婦として過ごしたにしては・・という思いとルークのくちづけに反応する自分に戸惑います。

そして、次第に戻る記憶。
それは、大きな衝撃をともなったものでした。

記憶を取り戻さないほうが幸せかもしれない、と思いつつ読みましたが、ルークの気持ちがせつないです。

真実を知ったときベリンダは?

面白いというより先が知りたくて読みました。
忘れられたのは愛の記憶だけではありませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示