サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

12時 修正:20%OFFクーポン(0817-19)

電子書籍

一九四一黄色い蝶 みんなのレビュー

  • 岩崎京子 (作), 山中冬児 (絵)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

一九四一黄色い蝶

紙の本一九四一黄色い蝶

2005/04/17 08:40

平和はそれを手放したときその大切さに気づく

6人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:未来自由 - この投稿者のレビュー一覧を見る

児童文学者が自らの体験をもとに書いた自伝的小説。子どもにも読めるように振り仮名が振られているが、内容は大人用の児童小説と言ったほうがよいかも知れない。
1941年の正月から、12月8日の真珠湾攻撃、そして終戦までに起こった日々の暮らしの変化を、8歳、14歳、16歳の少女の視点から描いている。
戦争色の強まるもと、正月の食卓の風景も変化していく。学校の授業には軍事教練が入り込み、運動場は農作物の耕作場へと変化していく。
8歳、14歳、16歳の少女は、それぞれの人生経験と教育内容の変化に伴い、戦争に対する考え方さえ隔たりを持つようになる。
のびのびと育っていた少女が、戦争に疑いを持つことなく「我慢しましょう勝つまでは」的に変化していく様子は、戦時教育の恐ろしさを感じてしまう。
著者は「はじめに」に「『平和』は、それを手放したとき、初めて、その大切さに気づくものなのだ」と言う。
自民党の改憲要綱づくりが着々と進められているが、そこには個人の自由よりも国家を上に置く内容が盛り込まれている。戦中の思想統制を可能とする危険な内容である。
少女たちが視た戦争、少女たちが経験した戦争を、今一度振り返ることは、いま必要である。ぜひ、本作品からそんなことを考えて欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示