サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:20%OFFクーポン(0219-21)

修正:20%OFFクーポン(0219-21)

電子書籍

まぶらいの島 みんなのレビュー

  • 竹内紘子 (作), 日向野桂子 (画)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

まぶらいの島

紙の本まぶらいの島

2002/07/09 16:01

不登校(中学)という独房に閉じこもっているひろみは、メル友に誘われてまぶらいの島に行く。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エーミール - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まぶらいの島とは、魂に護られている島ということ。死んだ人の魂が残された人の心の中で残された人を護るのがまぶらいということなのだそうだ。この物語では、奄美の加計呂麻島がでてくる。読んで、島に行きたくなる人が沢山でてきそうだ。
 「平凡な一日がある日突然、非凡な日になっても、二日、三日とたっていくと、日々はそれなりにまた平凡な日常になることを、ひろみは不登校で家に閉じこもって知った。」とあるが、どんな不幸も非凡な日も、その当時者が抜け出すエネルギーを持てないでいるうちにあたりまえのようになってしまう世の中なのだ。その中で苦しんでいても…。
 こういうテーマの物語は、結局はきれいごとになりがちなところをそうならずに、共に考えつつ癒されていくように描かれていて心に響く。重いテーマをいくつも盛り込んであるにもかかわらず、身近に感じられるし読みやすかった。ドラマのような構成だからだろうか。
 ただ、登場人物が独白で(ひろみに話すのではあるけれど)自分のそれまでの人生を語る場面が何ヶ所かあったが、どうかするとサスペンスドラマで犯人が独白で謎解きをする、あの感じになりかねない。
 読後感がとてもいい。人と心を通わせるということをもう一度考えてみたくなってくる。
 第50回毎日児童小説コンクール中学生向きの最優秀賞作品であるという。それもうなずける。中学生にも大人にもすすめたい一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示