サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

電子書籍

氷石 みんなのレビュー

  • 久保田香里 (作), 飯野和好 (画)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

氷石

紙の本氷石

2017/12/27 18:25

児童文学。平城京の片隅で。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

奈良の大仏が作られる少し前のことです。
都では天然痘がはやり、多くの人が死んでいきました。
疱瘡(もがさ)と呼ばれ、際限なく広がっていたのです。

千広の父親は役人で、遣唐使船に乗って唐に渡り、
一年で帰る約束でした。しかし長期滞在の留学生に
欠員が出ると、父は希望して唐に残ってしまったのです。

生きているのか死んでいるのか、連絡もままならない時代です。
奈良では千広が母親と一緒に留守を預かっていましたが、
その母がもがさで命を落とし、千広は誰の庇護も
受けられなくなるのです。

本当は、伯父の息子の八尋が気にかけてくれていました。
しかし父に嫉妬する伯父の狭量に耐えかね、
千広と母は伯父との同居をあきらめて家を出ていたのです。
たとえ母がいなくなっても、千広はそれを受け継いで、
市場で怪しげなもの売りをしながら糊口をしのいでいます。

ルンペン一歩手前の千広ですが、父がいた頃はまがりなりにも
役人の息子であり、ちょっとした勉学にも励んでいたのです。
手習いの記憶を使い、木簡に字を書きつけて護符にしたことが
きっかけで、千広の運命は動き出します。

急々如律令。
律令に沿うがごとく絶対に従い、何にもまして速やかに。

陰陽師が使う言葉ですね。実際の木簡でも残っていて、
呪符のなかに組み込まれているのです。

なんとなくしか知らなかった言葉を、少しずつ理解していく千広。
懸命に生きる少年の物語です。時代考証がしっかりしている
とのことで、それが物語の良さになっていると思います。

氷石の使われ方もいいです。好感の持てる一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示