サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

[CPあり]2017年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍

二十一世紀への対話 みんなのレビュー

  • 池田大作 (著), アーノルド・トインビー (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

二十一世紀への対話 対談 上

紙の本二十一世紀への対話 対談 上

2006/07/18 23:05

西と東の知恵が出合うとき。

12人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:求羅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 20世紀最大の歴史家と評されるアーノルド・トインビー氏と、宗教者の池田大作氏—。西欧と東洋の知性が出会い、現代世界が抱える諸問題について縦横無尽に語り合ったものが、本対談集である。
 本書は上・中・下巻あり、第一部「人生と社会」、第二部「政治と世界」、第三部「哲学と宗教」の、三部構成からなる。目次を見れば分かるように、対談内容は、人間の尊厳、個人と社会の関係、国際政治、科学や医療、宗教など、多岐にわたる。
 トインビー氏は、歴史家としての立場から、歴史上のさまざまな事例をもち出して持論を述べ、池田氏は仏法的な視点から、問題の本質を見極めていく。
 人種や宗教や立場の異なる両者だが、人生観や目的観は驚くほど一致している。
 それは、人生における宗教の必要性を認め、自己超克への不断の努力を払い、“自我”を、宇宙に存在する普遍的な真理に合致させることが重要だ、とするもの。用いる概念の名称の差異こそあれ、両者の目的とするものは、この結論に集約されるだろう。
 その一方で、世界的独裁体制を認めるか否か、人間の尊厳としての自殺を認めるか否か、という二つの点でははっきりと見解が分かれており、興味深い。
 本書を読んで強く印象に残ったのは、対談者二人の、謙虚さと、貪欲な探究心である。
 分からないことは素直に分からない、と認め、相手からできるだけ多くの知恵を引き出そうとする姿勢に、議論以上のものを教えられた。
 本対談は1972年に始まったという。その後、現在に至るまでの約30年間、ベルリンの壁崩壊、冷戦終結、中国のWTO加盟等、世界情勢はめまぐるしく動き続けている。
 しかしそのような中でも、論じ合われた内容は決して古びることなく、むしろ、対談の先見性と高度さは、混迷の時代に輝きを放っている。
 「人類の生存に対する現代の脅威は、人間一人一人の心の中の革命的な変革によってのみ、取り除くことができるものです。」と、自己変革の重要性を訴える本書は、10年、100年、と時を経るごとに、さらに評価が高まるのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

二十一世紀への対話 対談 下

紙の本二十一世紀への対話 対談 下

2015/09/30 23:16

読んで得るものが大きい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:若宮つきほ - この投稿者のレビュー一覧を見る

特に若者は、読んで得るものが大きいと思います。
これは文庫本で3巻目ですが、1巻も2巻も読むべきです。
世界的な歴史学者と世界的な知識人の貴重な大切な対談です。
様々な話題があり、様々な観点から物事を捉えてあります。
40年以上前の対談でありながら、大きく展望されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示