サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

バカになれる人はバカじゃない みんなのレビュー

  • 小宮一慶 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

バカになれる人はバカじゃない

紙の本バカになれる人はバカじゃない

2011/07/05 08:12

バカは馬鹿じゃない

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小宮一慶さんはつねづね生涯に100冊の本を書くのだと公言してきました。すでに70冊近い著作を出版されています。最近の傾向でいえば、単に会計的なスキルではなく、哲学めいた内容が多くなっています。
 特に本書でもそうですが、「バカになる」ことを推奨しています。以前にも『あたりまえのことをバカになってちゃんとやる』という本がありました。当然内容的には重複するものが多く書かれます。ところが不思議なことに、小宮さんの著作に限っていえば、同じことが書かれていても嫌にならないし、飽きない。きっと一度ではなかなか自分の身につかないのだと思います。
 だったら、くどくても何度も何度も読むしかないのではないでしょうか。自然と「バカになれる」まで繰り返し読みつづけたい。
 小宮さんがいっている「バカになる」とは、わかったふりをしないことでもあるのです。

 小宮さんがいう「バカ」はいつもカタカナ表示になっていますが、漢字をあてればどうなるでしょう。「馬鹿」ではないはず。「愚直」という漢字が小宮さんのいう「バカ」にふさわしいような気がします。
 「自分はバカだ」と言える人が一流になる、と小宮さんはこの本の中で書いています。それはどういうことかというと、「自分はバカだ」と反省する、その謙虚さが大切だというのです。
 ビジネスの現場ではしばしば人に指摘されることがよくあります。特に年下の人や部下に指摘されるのはつらい。でも、悔しさや反発だけでは成長ができません。
 「バカになる」ことで自分の足りないところがみえてきます。多分小宮さんの書かれていることを否定する人は少ないと思います。ですが、実際にはそれがなかなかできないのも私たちなのです。そのことも認めないといけない。
 そして、できるまで「バカ」になってやることなのです。

 おそらくこれからも小宮さんはこのテーマで何回も書いていくのだと思います。
 しっかり「バカ」になれるまで、読んでいきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示