サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

KADOKAWA コミック・ライトノベル最大50倍(~11/22)

電子書籍

軽くなる生き方 みんなのレビュー

  • 松浦弥太郎 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

軽くなる生き方

紙の本軽くなる生き方

2009/02/24 16:46

40歳過ぎたら、人生棚卸しの時期かも…

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり前から松浦弥太郎さんのことは気にかかっていた。
最初のきっかけが思い出せないほどなのだが、
ユニークな古書店をしているのを知り、
エッセイも探して読んだりしていたら、
なんと『暮しの手帖』の編集長に大抜擢されて、わぁ~弥太郎さんすごい!と驚いた。
しかし、彼が打ち出した新しい編集方針の読者ターゲットの年令が、私が想像していたよりすごく若くて、しかもそのターゲット内に私が入っておらず(それもたった一歳上)、まったく弥太郎さん、どういうこと?と思いつつ、なぜだか嫌な気がしなかった。
そして、弥太郎さんが初めて手がけた『暮しの手帖』をそわそわいそいそと買いに行ったのでした。
今さっき探して出してみたら、2007年早春号なのですね。実に二年前の話、です。
それから時折、『暮しの手帖』を買ったり、立ち読みしたり…。

今回のエッセイは、なんだかズドンと直球で応えました。
弥太郎さんとは年もそうは違わないので、
40歳を過ぎた彼の『発見と疑問』がとても切実に迫ってきたのです。

「自分が抱え込んだ荷物をいったん全部出し、カバンの中身を点検してみることにしたのだ。
いるか・いらないか、微妙なものは、断固として潔く手放す。本当に大切なものだけを、厳選して持つ。
そしてかわいがる。
極力、無駄をそぎ落とす。」

この本には、彼の言うところの人生の棚卸しをし身軽になるためにヒントが、そして「これさえあれば大丈夫」という人生の知恵がいっぱい詰まっている。

彼のこれまでの道をたどるとき、20代のころアメリカと日本を往復していた頃の生活がとても印象深い。
それから彼が中学生だったころ、たいそうお世話になった友達のご両親の話も心に残った。「人を信じても良いのだ」と思わせてくれた大人の存在、出会いの不思議さ、有り難さが心を打つ。

特に興味深く読んだのはやはり『暮しの手帖』がらみの話だった。
まず、『暮しの手帖』発行人の横山泰子さんが「編集長を弥太郎さんに」とただ単に直感に従って決めてくれたという事実に、ただただすごいなと感動した。彼自身も「彼女の思い切りのよさに感動した。あっぱれだとすら思った。」と。それから彼が編集長になってから編集部員が半数以下になったり、写真部がなくなったりと、大きな変化が巻き起こったことにも驚いた。しかし、それらの根底に「自分がいちばん好きで得意なことはなにか。それは、どうすれば誰かの役に立つか。他人が喜んでくれることはなにか。」という意識があることに、彼の底力を感じた。そしてそれがタイトルにもある軽くなる生き方につながるのだなぁ~と、しみじみ思わされた。

「僕の旅は、まだ途中だ。」
エピローグにあったこの言葉に、なんだか励まされる気持ちになる。
40歳過ぎたら、人生の棚卸しの時期かも…、読後に頭がフル回転する一冊だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

軽くなる生き方

紙の本軽くなる生き方

2013/12/11 15:14

軽くなる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高橋 新 - この投稿者のレビュー一覧を見る

弥太郎さんの、軽くなる生き方とはどんな斬新なものかと思って開いたが、どれも当たり前のこと、基本のことばかりだった。
なぜ、それらが大切で、自分の人生を軽く生きるてだすけをするのか知った時、すごく感心した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【期間限定特別価格】軽くなる生き方

「軽く生きる」ではない。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、マニュアル本ではありません。
著者の考えるコツの提案です。

いろいろ良いことが書かれています。

興味が有れば詳細は読んで頂きたい。

私が心に一番残った点は、「いつも幸福な自分だと考える」ことで
感情をコントロールせよということ。
これは意識して実践したい。

最後に本書の「軽くなる生き方」を余分な欲や見栄などを捨てて
本当に大切なものを持つ幸せを感じることだと私は受け止めたことを
お伝えします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示