サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

科学がつきとめた「運のいい人」 みんなのレビュー

  • 中野信子 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍

【期間限定価格】科学がつきとめた「運のいい人」

再認識しております

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てらじゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今日から実践して行きます。
読み易く、具体的な行動に移しやすい内容でした。
目的と目標を立て常に意識して生きることや、人の幸せを想い人の為に行動することが、人の自然な生き方で理に叶っているという中野信子先生の言葉に大変勇気づけられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【期間限定ポイント50倍】科学がつきとめた「運のいい人」

脳の性質ををうまく活用して、運を呼び寄せよう

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで経験の中で、仕事の進め方で感じていた事が、脳科学からの説明で納得できました。
運というのは、その人がもともともっているものではなく、生まれつき決まっているものでもなく、その人の考え方と行動パターンによって変わる。運を手に入れられるかどうかは、その人がもともともっている運のよしあしではなく、「ゲームをおりるか、おりないか」の差にすぎない
私なりに、人生とは(Meaning of Life)「利他を意識し、夢を実現する自己満足の営み」と結論付けました。

【学んだこと】
■適者生存より運者生存
・種の生存はマクロ的、長期的には適者生存が現象を説明しているが、人間の一生のような短い時間では運者生存が当てはまる
・運・不運というのは、だれにも公平に起きていて、その運をどう生かすかを少なくとも人は主体的にかかわっている
・よりよく生きているからこそ、運も彼らの見方をする

■脳の性質
・近くにいる人の影響を受けやすい
 ミラーニューロン:自分が運動した際に活性化する脳内の神経細胞ですが、ほかの人の運動を見たときにも活性化する
・三種類の脳
 古い爬虫類脳:個人が生きるための脳
 旧ほ乳類脳:個人の生命維持から一歩進んで、種の保存のために働く脳
 新ほ乳類脳:もっとも人間らしい脳とも呼ばれる部分で、社会的な関係をスムーズに進めるための脳、いわば共生を志向する脳
・内則前頭前野:自分の行動を評価する部位
        この部位が、「よくやった!」「すばらしい!」などと自分の行動を評価すると大きな快感を得られる
・互報性の原理:人間にはお互いに報酬を与え合うという性質が備わっている
        人は誰かから報酬を与えられると「お返しをしたくなる」
・脳は、もともと、ひとつの刺激に対してすぐ慣れてしまい、飽きてしまうという性質をもっている
・脳は、ある行動で快感を与えられると、その行動をきちんと覚えていて、再び快感を得ようと同じ行動を繰り返す性質がある
・脳は、報酬を期待しているときこそ快を感じる、という性質がある
・脳は、人が新しい経験をし、脳が新しい刺激を受けることで、脳の中はどんどん変化する。脳の可塑性
・脳は、ルーティン化(パターン化・単純化)志向という、できるだけ考えなくてもできることを増やそうという性質がある

■運を引き寄せるために
・他人の尺度ではなく、自分の尺度で行動する
 自分なりの「しあわせのものさし」をもっている
 ⇒そのしあわせの状態を積極的につくり出す努力をしている
 ⇒自己一致の状態(自分を好きな状態)になる
 ⇒人に好かれる
・ゲームをおりないこと
 自分が「これぞ」と思っているゲームからけっして自分からはおりない
 ゲームは常にランダムウォークモデルのように進む、と考える
 負けが続いているときには、最小限の損失になるように努力し、次のチャンスに備える
・配慮範囲が広い人ほど運がいい
 配慮範囲とは、現在の自分を原点にして人間関係と時間を軸にしたもの
・セレンディピティーとは「偶然の幸運をキャッチする能力」
 セレンディピティーを発揮した人たちは、自分はこれがやりたい、これを達成したいという思いを強く持っている
・祈ることは、心と体の健康にプラスに働く
 自分が叶えたいと思う願いの先に、自分以外の人の幸福がないかを考え、そこに焦点を当てて祈る
 生きる意味を見いだした人は、脳の報酬系が刺激され、ナチュラルキラー細胞などの免疫細胞が活性化することで病が治る

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示