サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

OP 全商品10%OFFクーポン(~9/21)

電子書籍

おなかの赤ちゃんとお話ししようよ みんなのレビュー

  • 葉祥明
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

おなかの赤ちゃんとお話ししようよ

【編集者コメント】赤ちゃんを身ごもったら、この絵本を読んでみて!涙がとまらないと評判です。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サンマーク出版編集部 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は2000年3月に発売以来、出産を間近に控えた女性たちのあいだで、静かなブームを呼んでいる絵本です。 絵本としては異例の売れ行きで現在5万部を突破、1年間でおよそ30人に1人の妊婦の方がこの絵本を読まれたことになります。(2001年7月現在)

 読者の方から編集部宛に届いたお便りの中からいくつか紹介させていただきます。

「いままで胎教の本をいろいろ読みましたが、途中で涙が出た本は初めてです。本文中、ありがとう、私をママに選んでくれて、のところです。ワァーっと高ぶってしまって、涙が止まりませんでした」

 「まるで自分のおなかの赤ちゃんに語りかけられているようで幸せな気持ちになりました。私の母も私を産んでくれたときはこんな気持ちだったのかなと思うと、涙が出てきました」

 「めちゃめちゃ感動しました。現在妊娠7か月で日々胎動を感じているので、涙が出そうになりました。絵もきれいでかわ!いくて大好きです。文は短いけれど奥が深い」

 「赤ちゃんを産むことが怖かったけど、なんか勇気がわいてきた気がする」

 作者はメルヘンチックな作風で女性に人気の絵本作家、葉祥明さん。きれいな絵とやさしい言葉が心にやすらぎとうるおいを与えてくれます。

 赤ちゃんを授かることのありがたさに、あらためて気づかせてくれる、感動の絵本。プレゼントにも喜ばれています。

 本書は、マタニティ雑誌『たまごクラブ』でも大きく取り上げられ、続編の『生まれた赤ちゃんとお話ししようよ』『生んでくれて、ありがとう』とあわせ、お母さんの心を癒す絵本として、静かに感動の輪が広がりつつあります。
(サンマーク出版編集部 高橋)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示