サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

OP 全商品10%OFFクーポン(~9/21)

電子書籍

4次元以上の空間が見える みんなのレビュー

  • 小笠英志 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

4次元以上の空間が見える

紙の本4次元以上の空間が見える

2006/08/25 01:10

「見えた!」ような気がする

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲベリン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 SEという仕事柄、4次元以上の配列(「テーブル」と言ったりもするが、まあデータの並び方だと思ってください)の取り扱いは平気である。端的に言って、ある特定の場所のデータを指定するのに数字を1個使うか(1次元配列。例えば「トイレ待ちの列の前から2番目」とか)、2個使うか(2次元配列。例えば「教室内の右から3番目の列の前から4人目」とか)、3個使うか(3次元配列。例えば「団地の中の4号棟の5階の東から6番目の部屋」とか)だけの差である。後はただ、場所を指定するための数字を4個使う、5個使うと、自分がデータを扱いやすいように増やして行くだけである。
 だが、そんな風に日常使ってはいても、実際にそれらの配列をイメージできるかというと、上の例にあるように3次元までが限界である。3次元までははっきりしたイメージが浮かぶが、4次元になったとたんに頭の中がこんがらがって、何だか訳の分からないぐねぐね曲がったものしか浮かんでこなくなる。
 この本の書名を見て、「ほんとかな? もし本当に見えたら楽しいだろうな」と思って読んでみた。結果は…「見えた!」ような気がする。そしてそのイメージは、図らずも馴染みのあるぐねぐね曲がったイメージそのものであった。
 自分が数学者と同じイメージを持っていたということで嬉しいような、もっと画期的なイメージを見たかったということで悲しいような…単純計算の繰り返しもはまるが、時にはこんな頭の柔軟体操(アクロバット?)も必要かも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示