サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

OP (最大)20%OFFクーポン(~1/25)

西尾維新作品に使える最大50%OFFクーポン(~2/1)

電子書籍

社会を読み解く数学 みんなのレビュー

  • 松原望 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

社会を読み解く数学 逆説、効用、論理、幾何学、統計、数理、比例、集合、ゲーム理論、確率過程−変化する社会に立ち向かう数学的思考法

幸福を計算してみる

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:拾得 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ここ数年になるだろうか、一般向けの「わかりやすい」「やさしい」を謳い文句にした数学書が目につく。たしかに、数学がわかるようになると、なんだか頭が良くなりそうだ。いや、その気になるだけかもしれない。ただ、それで何かがわかりやすくなるのであれば、よしとしておきたい。
 本書の売りも、多くの著作をあらわしてきた統計学の教授が、世間のさまざまな事象の根底にある数学的な仕組みを解説した、というものである。民主主義や金融工学、格差まで、多様な事柄を扱っており、きっかけづくりにはちょうどよい。いずれも、ここ数年に限ってみても、よく話題にのぼる事柄ばかりである。著者も序文でいうように「エッセイ」のようなものなので、肩肘張らずに読める。ただ、より深く学びたい人にとっては、説明がやや物足りない面があるかもしれない。本書を入り口に他書に挑まれたい。
 ところで本書を読んでいると、「難しそうなことをわかりやすく解説する」ということは重要であることを痛感する。その好例が本書2章「幸福の計算」である。世間的な建前は「幸福は測れない」ということになっている(あの有名なCMでは盛んに「プライスレス」を強調しているではないか!)。しかし実際には、しばしば幸福はカネやモノに還元される(あのCMも、結局は「プライスレス」な幸福のために、商品購入を喚起するものである)。こうした議論は、学問の世界でもさんざんにされてきている。
 ただ、「効用」とか「厚生関数」などと言われても、なかなかピンとこないのが人情であろう。「平均**がこれだけ上がった」などといわれたほうが納得しやすい。しかし、「平均」のみをみることで「皆が幸福になった」と言えるのか。納得しがたい部分は残るとしても、世間的な建前も邪魔をして、それ以上に考えを進められない。たとえば、それに答える道具の一つが「パレート原理」なのである。こうした専門用語で表現すると小難しく聞こえるが、中身は意外にシンプルであることに気がつかれよう。
 そんなこんながわかるだけでも、大いにプラスである。ただし、博識な著者だけに本書の叙述は意外に脱線も多く、読者は惑わされることもあるので注意されたし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示