サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(0119-21)

西尾維新作品に使える最大50%OFFクーポン(~2/1)

電子書籍

ペラペラになれる3分間英語勉強法 みんなのレビュー

  • 西村恵美 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ペラペラになれる3分間英語勉強法 「聞く・話す・読む・書く」力が確実にUP

3分の積み重ねがペラペラ脳を作る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:某亜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本人は勉強量の割に英語を喋れない、とよく言われます。それもそのはず、私たちは「勉強」してきたのであって、「練習」はほとんどしていないのです。つまりインプットばかりしてきて、アウトプットに慣れていないのです。このような言語学習形態は世界でもまれです。たいていの場合、インプット量とアウトプット量は同じくらいになります。ラテン系の人たちに至っては、たった40〜50語しか英単語を知らなくても「英語しゃべれる!」と豪語します。その横で、何百(何千)語も英単語を知っていながら何も喋れない日本人がいたら。周りの人は、日本人は数十語の英単語も知らないと思うかもしれません。それだけ日本人は「知っている」レベルと「使える」レベルに差があるのです。

 本書は、いかに「知っている」英語力を「実際に使える」ようにするかをわかりやすく解説する本です。題名の“3分”とは、1日3分という意味ではありません(本文にそのような言葉も出てきますが、さすがにそれでは無理です)。そうではなくて、まとまった時間を取ろうとせずに、細切れの時間である3分を利用するだけで英語力は格段に上がる、という意味です。目にした物を何でも英語にしてみる/今日あったことを英語で表現してみる/周りにある数字を英語にしてみる(上級者でも苦手です)などなど、自分が知っている英単語をアウトプットするための練習方法が数多く提案されています。どれもこれも、ちょっとしたスキマ時間にできることで、「さあ、勉強するぞ!」と意気込む必要がありません。

 何よりも本書のいいところは、随所にわたって「自分は英語を喋れる」という自信を抱かせてくれることです。英語勉強法の本のほとんどは「あなたは英語ができない。でもこの方法でやれば必ずできるようになる」という口調ですが、この著者は「すでにあなたは喋れる能力を持っている」という確信の下で執筆しているため、読者に強い動機付けをもたらしてくれます。

 専門家になるつもりでもない限り、本書だけで十分に英語を喋れるようになります。いったん「意外に私は英語を喋れる」と思い始めれば、あとは自動的に英語力が伸びていきます。強く推薦できる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する