サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

パラダイムでたどる科学の歴史 みんなのレビュー

  • 中山茂 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

パラダイムでたどる科学の歴史

紙の本パラダイムでたどる科学の歴史

2011/10/12 23:37

科学とは何か、と考えるということとは?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:拾得 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人文社会系の学問と自然科学の学問とを区別するひとつの手がかりが、「学説史」の位置づけではないだろうか。基本的に決定的な証拠がないともいえる人文社会系の学問において、学説史はその学問分野のアイデンティティをさぐる試みともいえ、重要な位置におかざるをえない。自然科学系でも、「*学史」という分野は確かにある。しかし、科学史と総称されるものに一括することが可能であろう。ところで、人文社会系の各学説史はこのように一括できるだろうか。 「この両者の違いは何なのだろうか?」とふと思ったことがあるが、そうした疑問に明快に応えてくれるのが本書である。
 本書は、日本の科学史研究の碩学である著者の「語り下ろし」である。著者が語り、編集部がまとめたものに、さらに赤字を入れていったそうだ。「です・ます」調でなめらかに話が進められており、「語り下ろし」という表現がふさわしい。また、「あとがき」で述べてあるように、「物理帝国主義」というような、「学界俗語」もあえて使ったとしている。そうしたわかりやすさも、語り下ろしの魅力だろう。
 先の私の疑問に応えるのであれば、自然科学で学説史がないのは、「パラダイムが変わったから」となる。いいかえれば、アイデンティティの求める先が変わった、ともなる。現在ではパラダイムという表現は一般化しているので、「たいていの学問でもパラダイムは変わったのではないか?」と言われそうだ。しかし、パラダイムという考え方そのものは、科学史研究から生まれ、それは当初は近代科学が生まれる時に使われた一回限り「科学革命」におけるパラダイムの交代という事象をさすものであったのである。
 むしろ、人文社会科学研究は、そうした自然科学を模倣して、自然科学的な手法を(部分的に)取り入れて近代化をはかったといってよいだろう。しかし、模倣であったがゆえに、過去の蓄積を否定しきった訳でもないのである。
 狭義の「科学史」のみならず、学問のあり方全体を考えるような、そんな刺激を受けながらの読書となった。本書では、人文社会研究に言及している訳ではないが、そうした刺激を得られるような全方位性がある。
 通例の概説書では、自らの狭義の専門に近いところの記述が大半となることが多い。本書の著者で言えば、それは天文学史にあたる。しかし、科学史である以上、記述は包括的であり、17世紀以降の科学の歴史を大まかに押さえることができる。何より、天文学や物理から始まった科学革命から、化学、生物・生命科学へとどのように影響を与えていったのかを一書の中で俯瞰できる。さらに、現在進行形のコンピュータを軸とする情報デジタル革命にもふれ、科学や科学史の社会的位置にまで筆を進めていく。本書を「科学史」ではなく、「科学の歴史」としたのは、科学史自身の役割変化を、著者自身も自覚しているからかもしれない。
 ふだんの新聞でも、意外に科学の話題は多い。今年の日本は特に多くなることだろう。かといって、科学の知識が増えていったからと言って、適当に考えられるようになるわけではない。科学における「考え方」をたどることが、ふだんの科学報道などを見直す補助線にもなるわけだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

パラダイムでたどる科学の歴史

電子書籍パラダイムでたどる科学の歴史

2016/01/07 13:29

物足りない。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こうしろうの父 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中山茂さんの本というので購入しましたが、私には期待はずれでした。紙面の枚数の関係なのか、氏の持つ知識・筆力が十分生かせていません。初めて、氏の本をお読みなら買いかも。中山さんらしさを求めるなら、おやめなさい。でしょうか。他にも彼の良い本があります。ご判断を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示