サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

動いておぼえる日常英語表現 自分の1日の行動を英語で表現する 日常生活のあらゆる場面の「自分の行動」の基本フレーズが満載 動きながら英語を口にしてみることで英語がぐっと身近になる

中学生や高校生にも価値ある一冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 日常頻繁にとる動作を英語で表現するとどうなるかを教えてくれる一冊です。英字新聞で政治経済の記事を読みこなすことが出来る英語力を有している人でも、次のような動作を英語で表現するのは意外と難しいのではないでしょうか。

 「軟膏をつける」(I apply ointment.)
 「トーストにバターを塗る」(I spread butter on the toast.)
 「蛇口をいっぱいにひねる」(I turn the faucet all the way.)
 「靴をそろえる」(I straighten my shoes.)
 「古新聞をたばねる」(I bundle old newspapers.)

 英語のネイティブ・スピーカーはこうした表現を母親からまさに口移しで教えられながら成長するのでしょうが、帰国子女でもない限り一般の日本人にはこうした表現を身につける機会がなかなか得られません。かといって使う機会がないかというと、海外出張のおりなどにふとしたことでこうした表現が必要になることがあります。

 英語を学ぶ日本人に広く必要とされる本ではないでしょうか。

 著者は小中学生対象の英語教室を主宰するかたわら英会話の本を多数出版しているとのことです。この本は各例文のわきにその動作を示す小さなかわいいイラストが添えられていて、若い学習者が飽きないような工夫がしてあります。多くの中学生・高校生にもお勧めしたい一冊です。

 ひとつだけ難点をあげるなら、同じ著者の前著「身のまわりの生活英語表現」にも載っている表現がいくつか散見されるので、「身のまわり…」を既に持っている人には重複感を与えるでしょう。ただ前著は少々編集が散漫な感じがするのでこの「動いて覚える…」のほうがお勧めだと私は思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示