サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

モーニング35周年記念フェア連動 講談社コミック全商品対象ポイント最大50倍(~9/28)

電子書籍

無印良品の「改革」(リフロー版) みんなのレビュー

  • 渡辺米英 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

無印良品の「改革」 なぜ無印良品は蘇ったのか

仕組みを創る

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろでむ - この投稿者のレビュー一覧を見る


今回の本は、『無印良品「改革」』。



2000年に突然失速してから、5年後の2005年にV
字回復した無印良品(株)の、取り組みについて書
かれている本。

失敗する(売上が落ちる)会社に共通するマイナス
ファクターは大体同じであると私は個人的に思う。
それを乗り越えるための’ヒント’もまた、 共通しているように思える。






特に必要だと感じたのは第6章~第9章で、


・出店する際の基準書作り
・コスト削減
・現場の標準化
・plan do seeの確立




無印良品でさえも、売れるための仕組みや、社員を
標準化する仕組み、がなかったことがわかる。



●無駄の排除をしていくと、モノの実質に行き着く(p.35)
●無印良品には、使う人の自由度がある(p.80)
●泥臭いことの繰り返しと、単純化された基準書に
 もとずく評価が、判断のベース(p.143)
●「売れ筋捜査隊」...店長に今週の売れ行きが5位
 の商品はどれかを尋ねる(p.190)。→数値が把握
できてるか?5W1Hの確認。
●モチベーションアップのための試み(p.193)
 「一品入魂」「天下一品」「ラッキーアイテム」
 → ゲーム感覚で真剣に競わせる。
●システムと人心は相反する面を持つ。しかしそれら
 の言葉を「数値」と「感性」に置き換えれば、
 バランス経営の極意につながる(p.198)
●従業員に言い続けていることは、
 「進化」「実行」「仕組み化」(p.218)



特に、5つ目のゲーム感覚で店舗間ごとで競わせる
という方法は使えると感じた。例えば、営業所それ
ぞれで、毎月重点的に販売注力する製品を一つピック
アップしてもらい、競わせる。目標数値達成した営業
所には表彰を行う。
こうすることで、社員一人一人が、自ら考えるように
なる。→地力がつく。






いずれにせよ、総論としては、仕組みづくりは、
早急に対応するべき問題点だと再認識した。



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示