サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

12/1 100万ポイント山分け!必ずもらえるキャンペーン(~1/8)

電子書籍

下剋上受験 みんなのレビュー

  • 桜井信一
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

下剋上受験 両親は中卒それでも娘は最難関中学を目指した!

親は二酸化マンガン

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七転び八起き - この投稿者のレビュー一覧を見る

オキシドールは二酸化マンガンを触媒として酸素と水に分解される。この化学反応で、触媒である二酸化マンガンは二酸化マンガンのまま変わらない。中学受験という化学反応において、こどもを支える自分をこの二酸化マンガンに例えているところが好きです。自分は何にも変わらないけれど、こどもの人生だけは変えてやりたい!という熱い思いが伝わってきました。
中卒家系という流れを変えたい!と、「流路変更工事」のための人柱になると決意した著者が、親子でかけぬいた塾なし俺塾中学受験実体験記。
文章のテンポがよく、軽妙で、読みやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

下剋上受験 両親は中卒それでも娘は最難関中学を目指した!

想像していたより

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴょん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいて、内容が面白かった。為になるかは・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

下剋上受験 両親は中卒それでも娘は最難関中学を目指した!

何回読んでも感動…

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こうめとすもも - この投稿者のレビュー一覧を見る

娘と二人、塾に行かずに中学受験を目指した親子の物語です。レベルの高い教育を受けられずに大人になってしまった父親の思いが切々と語られており、何回読んでも涙が出てきてしまいます。
中学受験の参考になるというより、親がどのような愛情を持って子どもに働きかければいいのか、という点でとても励まされます。
第一志望校は残念でしたが、親子二人三脚で頑張ったかいあって素晴らしい学校に入学できたということ、ほんとに良かったです。今も楽しい学校生活をおくっていて下さることを願ってやみません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

下剋上受験 両親は中卒それでも娘は最難関中学を目指した!

考えさせられました!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サワ - この投稿者のレビュー一覧を見る

わが子も中学受験を控えています。
子どもの現状を見て、親があきらっめてはいけないと教えてくれた本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

下剋上受験 両親は中卒それでも娘は最難関中学を目指した!

どこまで実話なのか分らないけど

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:気まぐれネット購入者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これ、本当に実話なんですか?という内容です。登場人物の設定など多少は脚色されているだろう事は暗黙の了解ですが、それ以上に盛り過ぎじゃないでしょうかって程に壮絶です。
 まぁ、それは置いておき一言、たしかに面白い本です。そこまでやるのかといった内容がこれでもかと続きます。その位に出来れば最難関が見えてくるのかもしれません。しかし、普通はそうしないでしょう(仮に出来る環境だったとしてもしないと思いますが)。
 まず、時間的に余裕があり経済的に余裕がないという設定自体があり得ないという気がします。通常は、時間的余裕の不足を経済的余裕でどれだけ補えるかという話だといえるからです。
 その意味で、経済格差と教育格差が表裏一体な事実にどれだけ抵抗できるか挑戦の話とも感じます。
 また、著者の文章力というか面白く読ませようという表現力も巧みです(もしかして、本当はプロなんじゃないのと疑わせるほどです)。本当ですか?と思いながらも最後まで読ませてしまう説得力もあります。
 もし、この父親の子供に対する愛が真実(すべて実話)とすれば感動的です。親として何が出来るかというよりも、出来ることは全てやりましょうという意気込みが湧いてくると思います。
 とりあえず、信じることにして何か力が湧いてきたような気持ちになれば、それだけで読んだ価値があるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示