サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

4日間限定バージョン 11月度:全品ポイント最大50倍(~11/26)

電子書籍

桜井さん、うちの子受かりますか? みんなのレビュー

  • 桜井信一
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

桜井さん、うちの子受かりますか? 中学受験親の悩みにすべて答えます

救われます

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃんたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

前著も問題集も持っているので、もういいかなと思いつつ、購入。これは、素晴らしい。ほかの中学受験本には書かれていない、しかし素晴らしくしみこむ言葉が書かれています。つい、夫と桜井パパを比較してしまうのが難点です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

桜井さん、うちの子受かりますか? 中学受験親の悩みにすべて答えます

下剋上受験の姉妹本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七転び八起き - この投稿者のレビュー一覧を見る

「志望校を公言すべきか」「2ミリの差に気づいてあげる」「怒りの言葉は加速する」など、塾なしで親子バトルを繰り返しながら、受験をクリアした著者ならではの視点で書かれてあり、中学受験における親子のかかわり方が細かく描かれています。
「2ミリの差に気づいてあげる」などは中学受験をしなくても、参考になるのではないだろうか。親としてはできないことばかりについつい目が行きがちであるが、昨日できなかったことが今日できるようになったという点をほめるって大事なこと。ほめられると、また次もがんばるエネルギーになります。だめだしばかりされると大人だってやる気がなくなりますものね。
具体的な親子のやり取り、軽妙なたとえが随所に見られ、読みやすく親しみがある文章で、何度も読み返して参考にしています。
通塾していても、塾任せにしてはいけない。中学受験におけるコーチング本としておすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

桜井さん、うちの子受かりますか? 中学受験親の悩みにすべて答えます

勉強になりました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:だい - この投稿者のレビュー一覧を見る

共感できる部分が沢山ありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

桜井さん、うちの子受かりますか? 中学受験親の悩みにすべて答えます

下剋上受験の続編のようなものです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまお - この投稿者のレビュー一覧を見る

普通の中卒だった著者がすっかり知的になってしまったようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

桜井さん、うちの子受かりますか? 中学受験親の悩みにすべて答えます

賛否ありかもですが読ませる説得力があります。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:気まぐれネット購入者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

下剋上受験の著者が自らの体験に基づいて受験アドバイザーになったという本です。
 このお父さんは凄いなーって思うものの、本当かなって思う部分も否定できません。しかし、ついつい読んでしまう説得力があるのは事実です。
 中学受験は親が9割なんて言われており、どれだけ親がコミットする覚悟があるか否かが受験を左右するという考え方に肯定的な方は参考になるでしょう。
 とくに、子供の学習について、どれだけ進捗度を把握できているのかについては親の気概次第という部分が大きいと思います。この著者のように子供とガッツリ関わるのであれば誰よりも子供のことを知っているという自負があることでしょう。
 ネットをはじめとする各種媒体の受験情報が沢山あり、これに惑わされないようにする為には、子供の学習理解度や進捗状況を誰よりも把握している必要があると思います。そうすれば、塾への質問なども具体的になり対処も個別的になってくると思いますし、不要な情報に右往左往する必要もなくなるでしょう。
 塾に行くだけで成績が上がり大丈夫ならば良いのですが、最終的には家庭で必要な問題をどれだけ繰り返し、定着できるかが分かれ目になると思います。
 すなわち、家庭学習にどれだけ親が伴走できるかが問われるものと思います。そして、必要な範囲と繰り返す量の拡充具合を見極めるのが最も重要なサポートになるはずです(盛るもサボるも親のサジ加減ではないでしょうか)。
 きちんと伴走し、どれだけ進捗度や理解度を把握できているのかが物量をこなす効率性や最適度に直結してきます(不必要な家庭学習を省き、必要な箇所へ時間を振り分ける等の取捨選択)。
 受験に対する親の気概を問われている、そう感じる一冊です。ここまで、ガッツリと関わる覚悟があるか否かは別として、受験に対する親の気概に自信が無くなってしまった場合に本書を読んで力が湧くとか気持ちを新たにするとか、そんな効用のある本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

桜井さん、うちの子受かりますか? 中学受験親の悩みにすべて答えます

下剋上シリーズ第2弾

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

桜井信一の子どもとともに受験に望む覚悟が伝わってくる。中学受験はやはり親の熱意がなければ難しいのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示