サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

東洋経済新報社全品ポイント50倍(相乗り施策)(~11/23)

電子書籍

トランプ大統領が嗤う 日本人の傾向と対策 みんなのレビュー

  • ケント・ギルバート
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策

まだまだ飽きない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:imikuto - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ケントの日本よ目覚めよシリーズ」
と、勝手にシリーズ名を付けてしまいました。
すでに5,6冊は出ているのでしょうか。

本書は、中国、韓国、アメリカのことはもちろん、安保法案、憲法改正、慰安婦問題、太平洋戦争、放送法、等々、内容は豊富。
そして行きつくところは、やはりGHQによる洗脳。
GHQは日本人に贖罪意識を植え付けようとした。
それが自虐史観を生み出した。
これが右派のギルバート氏の主張したいところでしょう。

朝日新聞は戦後、米国の原爆投下を批判したことがあった。
しかし、それがGHQの怒りを買い、自己統制したそうだ。
かつてはこういうこともあったのですね。それがいまは・・・
こんな興味深いことも書いてあります。

ということで、いままでのギルバート氏の著作と根幹は同じですが、いつもにくらべ盛り沢山で、最後まで飽きることなく読めました。
戦後史の勉強にもなります。関連本はまだまだあるので楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示