サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

最大40%OFFクーポン(~6/24)

電子書籍

父の謝罪碑を撤去します みんなのレビュー

  • 大高未貴
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白

とても素晴らしい内容でした

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竹内 利夫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近ない良書でした、手にして一夜で一気に読みました息子を持つならこの様に育てたいと今ながら思いました。父である吉田清治の事は色々報道されていますので知っていましたが長男の事は以前にも報道されたことがあったようですが見逃していました。今回の長男の発案は決して日韓関係を悪くするためではなく韓国人に父の犯した事が虚偽である事を伝えたい一心な気がします。
 その長男の思いを命を懸けて実行した友人の実行力をぜひ知ってほしい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

父の謝罪碑を撤去します 慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白

吉田清治とは何者であったのか...

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

今なお日韓関係の大きなくびきとなっている慰安婦問題。この問題を生んだ張本人ともいえるのが、吉田清治という人物である。山口県労務報告会下関支部、動員部長と称する彼は、朝鮮人女性を日本軍の慰安婦にするため、軍の命令で強制的に連行したというデタラメを証言した。だが彼の嘘は歴史によって明らかになり、証言をもとに数多くの捏造記事を書いた朝日新聞も過ちを認め、平成26年に謝罪会見を開いた。
 本書では主に、吉田清治の長男が企てた計画について語られる。吉田は生前韓国国内に私費で慰安婦への謝罪碑を建てたが、長男は父の犯した罪の償いとして、その撤去をこころみる。これが本書のタイトルの由来であり、全ページの半分はこの顛末に割かれているが、内容的には、主に後半に描かれた吉田清治の人物像が、興味深い。
 吉田清治とは、結局のところ、文才と想像力に恵まれた、虚言癖のある男と評すべき人間である。長男によると「仕事らしい仕事に就いたことがない」吉田氏は、戦後まもなくNHKの懸賞作文で入賞を果たす。それを皮切りに投稿マニアのようなことをはじめ、やがてそれが、従軍慰安婦の強制連行というフィクションの誕生につながってゆく。実際、吉田は小説家をめざし、小説の技法について長男に薀蓄を垂れていたことも描かれている。労働組合や朝鮮人コミュニティとの付き合いも深かったようで、ソ連との関係から公安にもマークされていたらしい。
 つまり慰安婦問題とは、小説家になり損ねた男が左翼勢力にそそのかされてつくりあげたフィクションというのが、真相のようだ。作者だけでなく役者まで演じた彼のシナリオは、日本と日本国民を貶めようとする韓国や国内の反日勢力によって巧妙に利用され、ついには河野談話のような恥ずべき汚点を日本の歴史に残し、それに対する適切な修正もなされてないありさまである。
 晩年の吉田は、自分のしたことを反省するような言葉を口にしていたという。それでも、今さら取り消すわけにもいかないので、真実を話すことなく他界した。孤独で人から認められたかった彼も結局は、おぞましき反日左翼勢力に利用された可哀想な被害者だったわけである。
 今こそ改めてわが国は、吉田証言の虚偽とともに、慰安婦=性奴隷という定義がデタラメであることを国の内外にはっきりと発信しなければならない。そうすることが、とりもなおさず祖先の汚名を晴らし、わが国の真の姿を世界中に伝える一助となるからである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

父の謝罪碑を撤去します

電子書籍父の謝罪碑を撤去します

2017/11/27 21:27

慰安婦問題を理解する上で必読

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:gs08 - この投稿者のレビュー一覧を見る

朝日新聞の誤報により国際社会に拡散した日本のいわれなき誹謗中傷。その経緯や吉田清治の息子らあらゆる人の人生を巻き込んだ事実を知る事ができる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示