サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

電子書籍

いちばん効率的に仕事を進める! 技術 みんなのレビュー

  • 松本幸夫 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いちばん効率的に仕事を進める!技術 「一生懸命やる」より前に「頭を使ってやる」

「時間がない」は「手順を見直そう」。本当にそれが今必要か、目的は何か、最短距離はどのルートか。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リーマン・シスターズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 時間をかけると結局「雑な仕事に」になる。疲れているのに”ダラダラ”やっても意味がない。「自分が使い物にならなくなったら、さっさと帰る」

 たしかに、時間的に長くやると、自己満足的達成感があり、まわりからも時間的評価を受ける。
 こうして、今日も日本から残業がなくならない。

 他者評価は時間評価でも、自分評価は生産性評価に変えると気持ちが良い。
 著者の言うとおり「時間の方を変える(時間をかける)のではなく、仕事のやり方そのものを変える」、「仕事のコース取りろ考えるクセは一生もの、普段の生活にも役立つ」

 ところが、”上司が帰らないから帰れない、部下が帰らないから帰れない”状況において、また、時間の長さで評価しないと言いながら、評価外評価として”残業している=よく頑張っている”評価において、実践するのはかなり困難だ。
 
 こうして「気がついたら、いらんことをダラダラやっている」、「意味なく寝かせて、残業時間にダラダラとやり、ミスを誘発させて、ミス対応でさらに時間をかけ、時間がない、私がんばっています」状況を作り出す。
 今日も非効率な一日ができあがる。
 
 こんなにIT化が進んでいるのに、生産性が上がらないのは、日本社会の風土であるような気がする。

 とはいっても、「みんながするから、怖くない」は平時においては楽かもしれない。逆に効率性を追求するより、かえって、効率的かもしれない。コミュニケーションという場面においては。
 著者の言うとおり、「人間はサイボーグではない」のだから。

 それにしても、「時間でカバーする」発想はそろそろやめようと思った一冊であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する