サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

教育改革と新自由主義 みんなのレビュー

  • 斎藤貴男 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

教育改革と新自由主義

紙の本教育改革と新自由主義

2016/05/17 09:13

現代日本の教育の状況を分析し、問題を明らかにした書!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、2004年の発行と少し古いのですが、現在においても日本の教育状況を的確に述べた良書だと思います。発行当時、我が国は教育改革の真っ只中で、「選択の自由」とか、「自己責任」といった一見素晴らしい考え方を取り入れたかのような改革が進んでいました。しかし、実際には、こうした改革は子ども自身の努力によって学習成果が上がるというより、親の経済力が大きく関係してくることが分かってきました。こうした社会の階層化、貧富の格差を助長する教育改革に苦言を呈したのが本書です。発行から10年以上が経過した現在においても、まだまだ通用する内容ですので、ぜひ、お読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

教育改革と新自由主義

紙の本教育改革と新自由主義

2004/08/07 07:54

教育が力ずくで叩き壊されようとしている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:未来自由 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 寺小屋新書。聞いたことのない新書を本屋で見つけた。本書が創刊第1号となる。

 斎藤貴男の著作を読んだことのあるものなら、このジャーリストの激しい批判的な文面を思い浮かべることだろう。
 しかし、本書では、一緒に考えていこうとする姿勢が前面に出され、これまでにない新鮮なものに仕上がっている。
 もちろん、これまでに教育問題に関する内容で著者が述べてきたこと、取材に基づいて示されてきた事実がふんだんに使用されている。

 たとえば、教育課程審議会元会長の三浦朱門が「できん者はできんままでけっこう」「これからはできる者を限りなく伸ばすことに振り向ける」「ゆとり教育の本当の目的。エリート教育とは言いにくい時代だから、回りくどく言っただけの話だ」は本書でも引用されている。

 何度聞いても、憤りを感じる言葉である。今日の教育改革が一部エリートだけを育て、残りの者には忠実な精神だけを求める、「エリート」でない子どもをバカにしきった表現である。斎藤貴男でなくとも怒りを感じる。

 本書では、教育改革の本当の狙いを事実に基づいて明らかにするとともに、今日おこっている現場での現実を示し、その中から子どもの未来のために何が必要かを訴えている。

 東京都で起こっている日の丸・君が代強制のルポは、いかに人権や思想信条の自由を奪う暴挙が繰り返されているかの典型ともいえる。
 君が代に生徒が起立しなければ、先生が処罰される。これほどの思想統制はない。生徒の自由が、先生への処罰となる。これが教育か!!!
 まるで戦前の思想統制と同じではないか!

 著者はあとがきでいう。「人間が成長するということはどういうことなのかを、私たち一人ひとりがもう一度とらえ直す必要があると感じる」
 「戦争の反省から生まれた教育機会均等の理念が、力ずくで叩き壊されています」

 「朝の来ない夜はありません」「子どもたち一人ひとりがそれぞれの人生を謳歌できるようになるために何をすればよいのかを、いっしょに考えていこうではありませんか」

 「とにかく本文を読んでみてください」との著者の思いに強く共感する。ぜひ、読んで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示