サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:20%OFFクーポン(0219-21)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン

電子書籍

カラスの常識 みんなのレビュー

  • 柴田佳秀 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

カラスの常識

紙の本カラスの常識

2016/01/06 11:42

身近な野鳥

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

カラスの特徴、生態等を面白く解説している。国内のカラスはハシボソカラスとハシブトカラスに大別される。それぞれ棲み分けできていて、ハシボソは農耕系で上手に歩きながら餌を探し、ハシブトは空から獲物を狙うため、チョンチョンと飛ぶように歩くとか、アスファルト上に木の実を落とし割って食べる、あるいは車に轢かせて食べるとか、ごみ集積所の黄色のネットは誤解だとか、興味深い話満載。
ねぐらをどこに決めているのか等気になっていたことを、研究している人に敬意を表したい。野鳥だということすら忘れている存在のカラス。悪いのはカラスではなく人間のエゴなのだと改めて感じた。
読んだら誰かに話したくなる本。カラスのことを楽しそうに話している人がいたら、この本の読者かもしれない。とっくに売ってしまい手元に残ってない本なのに勢いだけだ書いてしまった。おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カラスの常識

紙の本カラスの常識

2008/09/17 10:31

意外と身近な野生

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kokusuda - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段の生活の中で動物好きにも嫌われているのがカラスです。
特に女性には100%嫌われているようです。
自他共に動物隙を認める私の母もカラスに種類があることさえ
知りませんでした。
「シートン動物記」や「ソロモンの指輪」などにもカラスが
登場するので、もっと知られていると思いましたが。
 
著者はNHK自然番組なども制作していた鳥類が専門の
科学ジャーナリストです。
本書ではカラスはどんな鳥なのか、さまざまな疑問に答え
補足する形で解説していきます。
本書を読んでカラスも野生動物であることを理解して
共存していくと考える人が少しでも増えればよいなぁ、と
思います。
 
試しに自宅近所を観察してみると殆どがハシボソガラスです。
しかし、徒歩5分の駅前まで行くとハシブトガラスが
多くなっていました。
本書を読んでみて庭付き一戸建てや芝生の公園が多い場所に
草原型のハシボソガラスが多く、高いビルの多い駅前に
森林型のハシブトガラスが多く生息しているのだ、と
理解できます。
身近な野生や自然を知りたい方に読んでほしい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

カラスの常識

電子書籍カラスの常識

2015/08/31 17:56

身近な隣人の生態を知る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:amisha - この投稿者のレビュー一覧を見る

よく見る動物なのに、その生態を知らないままでいた。本書は、野性生物との正しい付き合い方指南書として最適である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示