サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

 【ポイント】経済ビジネスジャンル全品ポイント最大50倍施策(~10/26)

電子書籍

N電京都市電北野線 みんなのレビュー

  • 吉川文夫 (著), 高橋弘 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

N電 京都市電北野線

N電 京都市電北野線

2002/05/17 22:16

古都を走った懐かしのチンチン電車

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小池滋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「N電」と聞いても、熱心な鉄道ファンではない一般の人は、何のことやらと首をかしげるだろうが、表紙の写真を見れば、懐かしさとともに思い出す人も多かろう。京都駅前から市内(堀川沿い、西陣など)を通って、北野の天満宮の前まで通っていた、かわいらしいチンチン電車である。廃止されたのが1961(昭和36)年7月31日だから、もう40年以上前のことだ。
 二人の著者のうち、高橋弘さんは京都生まれの京都育ちだから、長いことこの電車に親しみ、その写真をたくさん撮っていた。本書は珍らしい古い写真をふんだんに入れて、二人の著者が詳しい資料や思い出を紹介している。鉄道マニアでない人も、また実物を見たことのない若い人も、興味をそそられるに違いない。
 日本で最初に電車の定期営業運転を始めたのが京都で、京都駅の近くから南の伏見まで走り出したのが1895(明治28)年2月のことだった。京都電気鉄道という私営企業だった。評判がよいので、駅の北の方へも新線を伸ばした。ゲージ(左右のレールの間隔)はJR在来線のそれと同じ1メートル6センチ7ミリだった。
 1912(明治45)年に京都市営の電車が開業した。こちらは新幹線と同じ1メートル43センチ5ミリのゲージで、次第に路線網を広げて、私鉄の京電は次第に押され気味となり、とうとう1918(大正7)年に市に買収された。ゲージが狭い旧京電の車両は、narrow(狭い)の頭文字Nをつけた番号を与えられたので、一般に「N電」と呼ばれた。しかし後にNの字は削られた。少数になり区別の必要がなくなったからである。最後まで残った北野線も結局廃止となり、旧車両はあちこちに売られたり、スクラップになった。いまでも動いているのは、京都市内梅小路SL館の脇の短い路線と、愛知県犬山の博物館明治村だけである。 (bk1ブックナビゲーター:小池滋/英文学者 2002.05.17)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示