サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

小学館BOOK全品ポイント最大60倍(~9/28)

電子書籍

ランシエール : 新<音楽の哲学> みんなのレビュー

  • 市田良彦 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ランシエール 新〈音楽の哲学〉

爽やかなポストモダンの芸術論

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたなべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

市田良彦ひさしぶりの新刊。
第一章がとても面白かった。大雑把にまとめると、ドゥルーズ=ガタリ/ネグリ的な不可能なもの、不可視なもの、語らないものとしての「大衆/人民」と、それを批判するスピヴァクの「表象=代行」批判との共犯関係を指摘し、労働者であり遊びもし語ることさえする「大衆/人民」の像を提示する。その際重視されるのが美学で、政治を演劇のモデルで考え、ドゥルーズ的なフローベール/バートルビー/プルースト/カフカ論の「粒子」性を、アドルノが室内楽に見た芸術の自律性(自立)と関連づけて「民主主義」を教える「教育装置としての芸術作品」につなげ、その「演劇(表象=代行)性」にこそ、感覚的なものの分割としての「政治」を見出す。参照されるのは他にカント、シラー、ショーペンハウアーである。ポストモダンの思想を芸術に展開するならばこうでなくてはいけない、というような楽しくて果断な論調、文体で、非常に面白かった。とくにドゥルーズによるフローベル解釈をアドルノの音楽と関連づけているところは「それだよ!」と膝を打ったし、知識人と大衆という二項対立の欺瞞の指摘も納得できる。いまや大衆でない存在など何処にいるのか。
二章以降は一章で提示した理論の具体的な作品についての展開、といった趣で、こちらがロックに関してあまり知識/経験がないためか正直よくわからなかった。また、どうも神秘的な「合一」的ビジョンがちらついてしまって落ち着いて読めなかった。
しかし、それはそれとして非常に良いものを読んだという第一章を読んだ後の爽やかな気分は忘れ難い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示