サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【ポイント】ダイヤモンド社 ポイント30倍フェア(~9/30)

電子書籍

煮干しの解剖教室 みんなのレビュー

  • 小林眞理子 (文), 泉田謙 (写真), こばやしちひろ (絵)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

煮干しの解剖教室

紙の本煮干しの解剖教室

2011/05/22 08:50

煮干しを解剖するという発想がいい。

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

煮干しの解剖教室 小林眞理子 仮説社

小学生向けの薄い科学本です。
解剖といえば、わたしが小学生の頃はフナでした。
煮干しと聞いて違和感がありました。ひからびた煮干しで内臓がわかるのか。本を読みました。わかります。とてもよくわかります。
煮干しの解剖を本にするということはなかなか思いつきません。12ページ、脳の解説付近では、魚でも脳は大切であると理解できます。にぼしの絵ばかりではなく、やはり、いわしの生写真もあります。いわしの寿命は3年、毎月産卵可能なときもあり。
科学以外にも命の大切さ、健康の大事さを知るためにこどもさんたちにとって有意義な本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

煮干しの解剖教室

紙の本煮干しの解剖教室

2010/08/20 14:23

身近な食材を生きた教材に変える優秀な手引書

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プラチナ若葉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔はどこの学校でもフナだのカエルだのを解剖し、それが上級生から下級生に『ある学年になると必ず経験する恐ろしい行事』として伝えられてきたものだったが、さまざまな事への配慮により理科の授業で解剖が行われなくってから久しい、と聞く。

そして、近年生き物の代わりに煮干しを解剖する場合がある、ということを耳にするようになった。
「煮干しの解剖ですか?そりゃ、煮干しならいつでも手に入るし、解剖の為に生きているものの命を奪うわけではないけれど、それでもぐらぐらとゆで上げられ、干されたものを解剖したって、よくわからないでしょう?」
などと、なんとなく煮干しの解剖には賛成しかねるような気持でこの本を開いた。

ところが、この本はそんな私をあっさりと煮干し解剖派に変えてしまったのである。
まず、煮干し解剖のよいところは、失敗しても別の煮干しを使ってやり直しがきくということである。解剖に向く煮干し、向かない煮干しのなかから解剖する個体を選ぶことができ、ある個体では見つからなかった内臓をほかの個体で探す、ということが簡単である。なんたって煮干しは一匹ずつ売ってるものではなく、たくさんの煮干しが一袋になって売っているのだから。
二つ目の良いところは、道具がいらないところである。私たちが理科の授業で生物の解剖をしたときには特別な解剖用のはさみが必要だった。きちんとした道具を使わなければ、せっかく解剖しても観察できる状態で内臓を取り出すことができなかったのである。それにひきかえ、煮干し解剖は基本的には自分の両手と虫めがね、白い紙くらいしか必要としない。
そして、煮干し解剖のなんといっても一番いいところは、煮干しの解剖を通じて、自分たち人間も生きているものを食べて生きている、ということが実感できることである。

自分がかつて理科の授業で行った解剖では、生きているものをばらばらにし、その構造を確認した後は元に戻すすべもなく、命が消えていくのを見守ることしかできなかった。そして命の消えたものはただ校庭の片隅に埋められていただけである。

しかし煮干しは解剖をしながら筋肉(身)の味を見たり、解剖した後は自分たちが教材を食べることができる。
解剖した煮干しの胃の中身を顕微鏡を使い確認すれば、煮干しの原料になるイワシも何かを食べる生き物であり、自分もそれを食べるという食物連鎖を身を持って体験できるのがよい。

これだけいいことずくめの煮干しの解剖であるが、事前の知識がなければそれは私たちにとってただの身近な食材の一つにすぎない。この本はそんなありふれたものを生きた教材に変える優秀な手引書である。
そしてこの優秀な手引書が、これだけ写真と挿絵がある親切な本にもかかわらず1500円という比較的安価で手に入れられるのも驚きである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示