サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

電子書籍

わたしもファラデー たのしい科学の発見物語 みんなのレビュー

  • 板倉聖宣 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

わたしもファラデー たのしい科学の発見物語

ファラデーはどのようにして、大好きな科学への道を歩むことになったのでしょう。その魅力的な半生を描いた発明発見物語です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わくわくどきどき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ファラデーという科学者は、科学者の間ではとても有名ですが、一般の人々にはそんなには知られていません。しかしこの本を読むと、数々の大発見をしつづけた科学者なのがわかります。私たちは、電気がなければその日の暮らしに困る時代に生きています。大量の電気を起こしたり、その電気によって機械を動かすことができるようになったのは、実はファラデーの研究のおかげなのです。テレビやラジオ、携帯電話などで毎日のように電波を利用していますが、その電波(電磁波)の存在をはじめて予言したのもファラデーです。現代のエレクトロニクスでは、半導体というものが主役ですが、なんと半導体の存在を初めて発見したのもファラデーでした。化学分野でも大きな発見をしています。
 ところで、ファラデーという人はロンドンで貧しい鍛冶屋の次男として生まれました。小学校しか出ていないのです。数学はほとんど勉強していなくて、ファラデーの書いた、たくさんの論文には数式など全く出てこないそうです。そんなファラデーですが、この本を読むと、このように数々の大発見をしつづけた科学者なのがわかります。小学校を出ると、製本職人になるために7年契約で徒弟奉公することになりました。
 徒弟時代に知った科学の楽しさが忘れられないファラデーは、製本の仕事をしながらも、科学の勉強仲間をみつけ、デーヴィというすばらしい先生、大科学者にめぐりあうことができたからだとわかります。それは偶然でしょうか。偶然でしょうが、ファラデーが求めた結果ともいえます。いい先生にめぐりあえば、どのように生きれば楽しくなるか、どんなことを研究したらいいのかを知ることができます。
 自らも科学者であるこの本の著者は、すぐれた科学者になるためには、いい先生につければ、その勘所がわかると考えて、ファラデーがどのようにして楽しく研究したかということを、探ろうとして生き生きと描き出しています。
 本書に4人の子どもたちと、この本の著者を代弁するいたずら博士が登場して、ファラデーの気持ちや生き方や研究、発見等を読者が理解するのを助けてくれるので、楽に読みすすめられるようになっています。その点もユニークな伝記になっていると思います。巻末の年表はファラデーの研究やその時代背景を知るのにとても参考になります。『ぼくらはガリレオ』の著者です。

★★★★★

(わくわくどきどき/図書館の学校・児童書選書委員会)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示