サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

②11月度:コミック ポイント30倍 ※バナーのみ(~11/19)

電子書籍

いもうとがかり みんなのレビュー

  • 月見草平, おーみや, pun2
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

いもうとがかり 1

紙の本いもうとがかり 1

2012/03/18 16:06

奇妙な好意

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリーサークルのある地方都市に住む高校生・天乃翔太は、ファンタジーとかオカルトなどは大嫌い。彼が信じるのは統計的確率に基づく科学であり、占い好きのクラスメイト刑部玉穂が占いをしたいと近づいてくれば、蕁麻疹が出来るほど。将来の夢は公務員!
 そんな彼が一大決心をして告白をすることにした相手は、一片愛。彼が試算した成功確率は0.000001%だが、何もしなければ0%だから問題ない。それほど綿密に計画したのに、告白する相手を間違えてしまいました。その相手は愛の妹の一片恋。しかも何故か彼女はOKだという。ただし、自分は木星人だけれど良いか、という付帯条件が付いていたけれど。

 愛からは、妹係2号と認定されてしまい、いまさら間違いでしたとは言えない状況。もし言ってしまえば愛との関係も終わる。仕方なく、自称木星人のお相手を務めることになるのだが、はじめは拒否反応を示していた翔太も、恋の相手をしているうちに段々と慣れて来て、妹の瞳からは死んだ魚の目ではなくなったと言われるほどの変化を見せるようになる。
 しかし、そうやって仲良くなればなるほど、最初のボタンの掛け違いを翔太自身が許せなくなり…。

 木星人を名乗る少女と、鋼鉄の現実主義者と呼ばれる少年の、勘違いから始まるラブコメだ。一風変わった設定ながら、ラブコメらしく起きることは起きるし、むしろ積極的なくらい。
 そもそも恋が人間関係に慣れていなく、一度気を許した人間とは距離感がおかしくなるから、翔太への積極姿勢は理解できなくもないが、そもそも、やはり恋自身が、愛以外の人間と仲良くしたいという思いが強く、それなのにクラスメイト達からは避けられる現状があり、そこに自分から恋に接触して来た翔太は、まるで救い主の様に見えたのだろう。
 それに対して、別人に告白したという事実を引きずり続ける翔太は誠実とは言えるだろう。始めは嫌々ながらも、そもそも恋のスペックは高いので、徐々に彼女自身も気になる存在になっていく。だが、だからこそ、彼自身の性格的にけじめをつけずにはいられなくなるのだ。

 全ての誤解は解け、少しゆがんだ形ではあるが、3人の関係は始まった。これから周囲の人間を巻き込みつつ、どういう風な変化を見せるのかが楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いもうとがかり 2

紙の本いもうとがかり 2

2015/09/10 15:47

新たな木星人現る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

クラスメイトの一片愛に一大決心をして告白しようとした天乃翔太は、誤って彼女の妹の一片恋に告白をしてしまった。しかもその一片恋は自称・木星人であり、他の人とは根本的に言動が異なる。異星人理解のためという名目で、恋は翔太の告白にOKを出したのだが、色々あった末、翔太は愛と共に、いもうとがかりとして、恋が普通の生活を送るためのお世話をすることになった。もちろん、愛とも一緒にいられるというのは大きな理由だ。
 今度は、恋のクラスに転入してきた文月ゆうも木星人を自称しているらしく、同じ木星人同士で交流を深めようと言うことで、翔太はゆうを誘いに行くことになる。ところがゆうは、言動こそ木星人に合わせているが、端々からにじみ出る思いは別のところにある模様。そして彼女は、みんなでキャンプに行こうと言い出すのだった。

 愛と恋の間で宙ぶらりんになっている翔太の前に現れた新たな女の子。彼女はなぜかはじめから翔太に近づこうとしている印象を受ける。過去に何かあったのだろうか?そしてそのことが、木星人としての恋に新たな変化を起こすような予感がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示